宇多田ヒカル「自由に使って欲しい」

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室に対する楽曲使用料請求を明言。
これを受けて、シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが2月4日、自身のTwitterを更新し、「著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」と私見を示し、ネット上では好意的な反響が寄せられています。

JASRAC、音楽教室に料金徴収へ

JASRAC「BGMの使用料を払え」 全国の施設に法的措置を取った理由は

2月2日、新聞各社が報じたニュースでは、日本音楽著作権協会(JASRAC)はヤマハや河合楽器製作所などが運営している音楽教室に対し、著作権料を徴収する方針を固めたと報じています。
JASRACが徴収の根拠としている著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定めるという規定。
これまでJASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケに対しても著作権料を徴収してきました。

徴収金額は年間で10億円から20億円にのぼる見込み


音楽教室では、生徒と教師が指導や練習のために楽曲を演奏しています。
JASRACは、生徒が「公衆」に該当し、演奏権が及ぶと判断したものと見られます。
また、JASRACは年間受講料収入の2.5%を徴収する案を検討しており、その額はおおよそで10億円から20億円にのぼると見られています。

宇多田ヒカルさんの反対表明はJASRACに通用しない?

2月4日、宇多田ヒカルさんは、Yahooニュースを引用リツイートし、JASRACに反対する意見を示しました。



Twitter上では、宇多田ヒカルさんの理念は立派だとしつつも、「JASRACはそれでも徴収するんだよなあ」と悲嘆する声が寄せられています。



JASRAC外部理事を務める玉井克也教授がTwitterで質問に回答

日本音楽著作権協会(JASRAC)の理事(外部)を務める、東京大学先端科学記述研究センター教授の玉井克哉(たまいかつや)さんが、今回の騒動に対するマスコミの報じ方に疑問を投げかけました。
また、寄せられた質問に対しても一部回答しており、玉井さんのわかりやすい説明に納得するTwitterユーザーも多いようです。



玉井さんの説明と矛盾? 権利者のいない楽曲にも請求してきたJASRAC

今回のだけで言うと、玉井さんの言うように「大手音楽教室チェーン」が要点とされるのも頷けるのですが、ネットでは以前からJASRACという団体への疑問が湧き上がっています。
玉井さんはJASRAC管理下にない曲について、JASRACとは無関係と断言してますが、ネット上ではその言質とは真逆の対応をされたと報告が多数。
有名なのは、雅楽奏者の岩佐堅志(いわさけんじ)さんにJASRACが請求したもの。
作者の死後50年経ったものに著作権がないというルールを知らなかったようです。



他にも、JASRAC管理下の楽曲を使用してないとする人が、楽曲使用料の請求をされたという話しも。
JASRACに対して良いイメージがない人は、過去に何があったのか知っている人が多いのではないでしょうか。



10年前JASRACから送られてきたというメールを公開するユーザや、権利者自身にお金が入らないことの説明をJASRACに求めた結果音信不通になったとするユーザーのツイートも。

最後に

自分が作詞・作曲した曲を使って生徒に教えているのが気に食わない権利者がいて、権利を守るためにJASRACが請求しているという大前提があるようですね。
2次制作OKを臨んでいるし、そういったコンテンツの増えているネット上とは永遠にわかりあえない問題なのかもしれませんね。
玉井さんが言うことはわかるんですが、ネット上には玉井さんの説明とは食い違った報告をする人もいるわけで、ちょっともうよくわからないですね。
今野杏南が映画「あゝ荒野」で乳首を晒したと話題に!「脱げる石原さとみ」ことあんちょの動画の神回を無料で観る方法wwwwwwww