「前科10犯」とも噂される凶悪な殺人犯山田浩二被告をご存知でしょうか。

そのあまりにも残忍な手口での犯行や山田被告自身についての人間性などが、現在注目を集めています。

この記事では事件の詳細や山田被告についてまとめていきます。

TOP画像引用元:http://mmtdayon.blog.fc2.com/blog-entry-1453.html

 

山田浩二のプロフィール

https://lemon-like.info/posts/166
https://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/e/a90643e12f7e8840b125f1021b54dcaa   
本名山田 浩二(やまだ こうじ)
生年月日1970年4月4日(48歳)
出身地大阪府寝屋川市
職業除染作業員

山田被告は大阪府寝屋川市出身で、両親と5歳下の妹と4人家族で生活していました。

当時は「渡利」という苗字を使用していたようですね。

しかし山田被告は、いつも母親から怒鳴られているのを周囲の住民に目撃され、父はパン屋勤務の無口で仕事一筋な人物でした。

愛情のない家庭に生まれた山田被告は徐々に歪んでいきます。

中学時代は学校を休みがちになり、高校に進学をすることはなかったのだそうです。

その間は窃盗や障害などさまざまな犯罪を繰り返し、何度も少年鑑別所のお世話になっていました。

同じくらいの中学生を監禁したこともあったようですね。

成績も運動もからっきしで、女の子とデートに行くという浮ついた話も無かった少年時代、暗く人と話すのも苦手だった山田被告は自分よりも弱いものに目をつけ、標的にしていたようです。

32歳のとき、寝屋川市で強盗・逮捕監禁事件を起こして逮捕。

中学2年生の男の子を車に乗せて監禁し脅迫、現金1500円と携帯電話を奪ったそうですが、非常に大人げない犯行ですね…

以降は改名した後に出所、獄中結婚も行い、福島県内で除染作業員として勤務をしていたようです。

 

寝屋川市中1男女殺害事件とは

http://jwssnnews.blog.jp/archives/49151092.html
寝屋川市中1男女殺害事件とは、2015年(平成27年)8月13日に大阪府寝屋川市に住む中学一年生の男女が行方不明となり、
同日夜に女子生徒Aが高槻市で、21日夜に男子生徒Bが柏原市でそれぞれ遺体となって発見された事件。

https://ja.wikipedia.org/wiki/寝屋川市中1男女殺害事件

被害者は平田奈津美さん(13)と星野凌斗くん(12)で、2015年8月12日の午後9時ごろ、凌斗くんが奈津美さんに会いに行くと母親に告げて外出。

翌日の午前5時ごろの防犯カメラに二人が映っていたのを最後に足取りが途絶えましたが、午後11時ごろ、高槻市の物流会社駐車場で奈津美さんの遺体を発見。

遺体は粘着テープで縛られ、左半身を中心におよそ30箇所以上にも及ぶ切り傷があったとのことです。

その後捜査の末、山田被告が犯行に関与しているのが浮上。

山田氏は2002年に男子中高生らを車に監禁するなどの事件を8件も起こしており、今回の犯行の手口も一致していました。

21日の夜に死体遺棄の容疑で山田氏を逮捕、同日の午前中に立ち寄ったとされる柏原市の竹林を捜索したところ、凌斗くんの遺体も発見。

遺体は既に死後数日が経過しており、一部が白骨化している状態でした。

 

寝屋川市中1男女殺害事件・山田浩二の供述は?

https://plaza.rakuten.co.jp/hinaryou/diary/201508220000/