シリアで武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、渡部陽一さんが出したという「戦場取材の掟」がツイートであげられ、その内容が話題になっているようです。渡部陽一さんといえば、最近あまりテレビなどで見かけることが減ってしましいました。その理由や現在などをまとめましたのでご覧ください。

https://www.cinra.net/interview/201803-kumafoundation2?page=3

渡部陽一のプロフィール

https://courrier.jp/news/archives/50109/
本名渡部陽一(わたなべよういち)
生年月日1972年9月1日(46歳)
出身地静岡県富士市
職業戦場カメラマン、フォトジャーナリスト
事務所Be.Brave Group
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/渡部陽一

渡部陽一さんは低い声でゆっくりと話す柔らかい口調が特徴の戦場カメラマン。トレードマークといってもいいヒゲはイスラム圏で取材を行うため、現地の慣習に合わせてヒゲを生やしているのだそうです。そして、グレーのベレー帽は妹さんから貰ったもので、この帽子をかぶっていくと取材が成功する可能性が高いのだとか。

戦場カメラマンとして有名ですが、他にもその独特の口調からナレーターとしても活躍しています。

 

渡部陽一の経歴や生い立ちについて

http://www.business-plus.net/special/1402/602901.shtml

静岡県富士市出身で3人兄妹の長男。富士市立田子浦小学校、富士市立田子浦中学校卒業後、静岡県立富士高等学校を経て明治学院大学法学部に進学しました。

戦場カメラマンになろうと思ったきっかけは、大学時代にアフリカのコンゴ民主共和国に行ったことがきっかけ。 当時、ルワンダ紛争のまっただ中だったため、ルワンダの少年兵に襲撃され、カメラを含めた私物全てを差し出すことで助かったんだそうです。被害もそうですが少年兵がいる事に衝撃を受け、周囲の人間に説明したが理解してもらえず、「戦場カメラマン」となることを決意したのだとか。

過去に取材をしたのは、ルワンダ紛争、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、イラク戦争など、130の国と地域の紛争地域を取材しています。
戦場だけではなく、東日本大震災の被災地にも取材し、募金活動にも力を入れていました。

私生活では2009年に結婚し、2010年6月9日に第一子の男児が誕生したようです。

 

渡部陽一の「戦場取材の掟」が話題に

https://www.cinematoday.jp/news/N0070567

2015年に消息不明になり、シリアで武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放され話題になっていますが、渡部陽一さんの「戦場取材の掟」というものがツイッター上にあげられ話題になっているようです。

すでにそのツイートは削除されていますが、一緒に掲載されていた画像が残っていました。

https://pbs.twimg.com/media/DqPlSUlU0AA6Qei.jpg

この掟の中にある

捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格
という項目が注目され、多くの反響があったようです。

この掟を見た人は渡部陽一さんを賞賛する声もある中、安田純平さんに対し「ジャーナリスト失格」といった声が多く出ていました。

しかし、この渡部陽一さんの「戦場取材の掟」に関して渡部陽一さん本人がコメントし、フェイクであることが判明したようです。

「捕まったらジャーナリスト失格、という話をしたことはありません。この『戦場取材の掟』というのはフェイクです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00010004-huffpost-soci

フェイクであることが判明し、この投稿をした人物は謝罪ツイートをしていました。

 

Twitterの反応

@UF4FjHBlklVj0Ih @Hiromi19611 @faridyu 安田は批判されて当然やと思うけど、ジャーナリスト失格云々の発言は渡部陽一自身が「そんなこと言ってない」と公式に否定してるからデマを鵜呑みにしてそれを盾に安田叩くのは論外やで
トレンド見たら渡部陽一さんでいっぱいになってたから何事かと思ったら
なるほどこういう事だったか
渡部陽一さんの言葉とされるあれはやはりフェイクだったのかあ。本人の弁と確実に分かるソースがないものは信じてはいけませんな。気を付けよう。

 

渡部陽一の現在と消えた理由とは?