2019年9月18日、埼玉県の集合住宅で小学4年生・進藤遼佑(しんどうりょうすけ)くんの遺体が発見されました。

この事件では不可解な点が多く、ネット上では「父親が犯人」という声が多く寄せられています。
そこでここでは、進藤遼佑くん殺害の犯人や、事件の不可解な点をまとめてみました。

https://twitter.com/

進藤遼佑くん殺人事件の概要

http://diary.ponkichi01.com/?p=14964
https://kantaiki0219.com/
https://breaking-news.jp/

2019年9月18日、埼玉県さいたま市見沼区大谷の集合住宅で、小学4年生・進藤遼佑くんの遺体が見つかりました。

18日午前0時40分ごろ、さいたま市見沼区大谷の集合住宅敷地内で、住人の小学4年、進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった。
首に絞められたような痕があり、階段付近にあるメーターボックスのようなスペースの中に入れられていた。

埼玉県警は殺害された可能性があるとみて、遺体を司法解剖して死因を調べるなど捜査を進める。

nikkei.com/

遺体発見時、すでに死後数時間が経過をしていたと見られる進藤遼佑くん。
「英会話塾に出かけたまま帰らない」と母親が警察に連絡し、捜索が始まったようです。

警察は殺人事件として捜査しており、いまだ犯人は捕まっていません。
そこで、事件をわかりやすくするため、時系列でまとめてみました。

 

進藤遼佑くん殺人事件を時系列で整理

9月17日夕方 学校から帰宅した遼佑くんが英会話塾に向かう(父親が確認)
9月17日午後8時20分 母親が警察に連絡
9月18日午前0時40分 進藤遼佑くんが自宅の敷地内にある建物で遺体となって発見

事件を時系列でまとめるとこのようになっており、17日夕方から夜にかけて殺されたと推測されます。

またその日、進藤遼佑くんは英会話塾に来ていなかったことが判明。
英会話塾は自宅からバスに乗らなければ行けないため、自宅付近で殺されたのではと言われています。

事件現場

事件現場は、「埼玉県さいたま市見沼区大字大谷391-1」にある集合住宅。
東武野田線の七里駅や大和田駅が最寄りのようです。

またこの集合住宅は、教師専用の住宅と言われています。
進藤遼佑くんの母親が教師を務めているため、借りることができ物件のようです。

いまだに犯人は捕まっておらず、不可解な点も多いこの事件。
次のページで、事件の不可解な点をまとめてみました。

 

進藤遼佑くん殺人事件の不可解な点