日本資本主義の父と呼ばれている渋沢栄一さん。

「誰?」と思う方もいらっしゃると思いますが、2019年4月9日に1万円・5千円・千円紙幣のデザインを刷新すると発表され、新一万円札の肖像に選ばれたのが実業家・渋沢栄一さんです。

今回は渋沢栄一さんの顔やどんな方なのか、会社や名言などをまとめてみました。

https://rocketnews24.com/2019/04/09/1195308/

渋沢栄一のプロフィールと顔画像

https://www.nippon.com/ja/views/b07202/   
名前渋沢栄一(しぶさわえいいち)
生年月日1840年3月16日
死没1931年11月11日(満91歳没)
出身地埼玉県
職業幕臣・官僚・実業家・教育者
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/渋沢栄一
https://s.mxtv.jp/variety/chikara/info.php?no=64

日本の実業家・渋沢栄一さんは、大手メガバンク『みずほ銀行』の前身の一つ“第一国立銀行”などの設立や学校など多種多様な設立・経営をしており『日本資本主義の父』と呼ばれています。

 

渋沢栄一が新一万円札の肖像に

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040900133&g=eco&p=20190409at13S&rel=pv
政府・日銀は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる。
麻生太郎財務相が9日午前に発表した。
刷新は04年以来となる。
千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になる。
「平成」から「令和」への改元機運を盛り上げる。
自動販売機などの関連需要が生まれるため、
景気刺激の効果もありそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43505090Z00C19A4MM8000/

2019年4月9日に発表された紙幣の刷新で、渋沢栄一さんが新一万円札の肖像になります。

他に千円・5千円札、五百円硬貨もデザインが変わるそうです。

2024年頃の予定で一新されるそうなので、最初は「違和感がありそう」という声が上がっているようです。

 

渋沢栄一って誰?どんな事をした人?