中野友加里の現在はフジテレビ職員

http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1362.html
就職に関してはひとりで決めたのですが、「スケートしかやってこなかったあなたが働けるわけない」、家族や知人からは反対を受けました。でも、自分の道は自分で決めることは譲りたくありませんでした。

そして、スケートとは別のもう一つの夢だった「テレビ局に入りたい」という思いに従って、就職活動に臨みました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000001-withnews-spo&p=3

中野友加里さんは2010年の現役引退後、中野友加里さんはフジテレビに入社したそう。
小さい頃からの夢だったテレビ局職員になった中野友加里さんは『アンフェア the answer』のアシスタントプロデューサーや『踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件』のアシスタントプロデューサーに名を連ねるなど、テレビマンとして順調にキャリアを積んでいるそうです。


 

中野友加里の面接での発言がすごい

https://ddnavi.com/interview/408887/a/
就活では、マニュアルや面接時の回答例などに捉われず、自分の意見や意志をしっかり表すことを意識していました。

「もし五輪が決まってメダルを獲った場合、他の道もたくさんあるのでは?」という質問がありましたね。

 その際は、「どんな状況になっても、たとえ五輪が決まったとしても、入社できたらテレビ局の一員として働きます。頑張ります」という意思表明をしっかり伝えました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000001-withnews-spo&p=3

中野友加里さんはフジテレビの面接でこのように力強く発言していたそうです。
3月に入り、来年度の就職活動も活発化しているこの時期、就活生にとっては中野友加里さんの就活エピソードは心に響くところがあったのではないでしょうか。

昨今では中野友加里さんのような強い意志と信念を持っている人は非常に稀有な存在。
もちろん中野友加里さんが世界的なフィギュアスケート選手だということもありますが、面接の際にそのしっかりとしたぶれない軸が面接官に響いたからこその採用だったのではないでしょうか。


 

Twitterの反応


 

まとめ

中野友加里さんの現在の職や面接での受け答えなどが話題になっていました。
これから面接を控える学生や転職を希望している人にとってはかなり参考になる部分が多かったのではないでしょか。

テレビマンとしての中野友加里さんのこれからの活躍に期待が高まります。

【おすすめ青汁】めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁の口コミや体験談まとめ
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ