被害者2人の証言とは?

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/jtv.php

マイケル・ジャクソンさんから性的被害にあったというセイフチャックさんは、ペプシのCMで共演した10歳の頃にマイケル・ジャクソンさんと出会ったといいます。

そしてマイケルジャクソンさんのツアーに同行したときから性的被害にあうようになり、その後ネバーランドの邸宅内で毎日そうした行為があったとのこと。

もう1人の被害者であるウェイド・ロブソンさんも、セイフチァックさん同様の被害にあったと主張しているそうです。

詳しい内容はマイケル・ジャクソンさんの児童に対する性的虐待疑惑を告発したHBOのドキュメンタリー映画「リービング・ネバーランド」で語られています。
これに対してマイケル・ジャクソンさんのファンや家族は「公開リンチ」だとして、放送中止を求めました。

そんな映画が放送されたマイケル・ジャクソンさんに対するネット上の反応をみていきましょう。

 

Twitterの反応

 

まとめ

マイケル・ジャクソンさんの性的虐待の真相ははっきりとわかっていませんが、ファンからは現在もマイケル・ジャクソンさんの音楽を愛する内容のコメントも多く寄せられています。

そんなマイケル・ジャクソンさんの音楽はこれからも世界中から愛されることでしょう。

【おすすめ青汁】めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁の口コミや体験談まとめ
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ