4年前、埼玉県熊谷市で住宅に次々と侵入し、6人を殺害したとして1審で死刑を言い渡されたペルー人の被告に対し、2審の東京高等裁判所は死刑判決を取り消し、無期懲役を言い渡したことが話題になっています。

この記事では事件の詳細や判決の経緯についてまとめていきます。 

TOP画像引用元:https://www.knb.ne.jp/nnn/sp/news162144463.html

 

熊谷6人殺害事件とは

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09161830/?all=1
埼玉県熊谷市内の長閑な住宅街が、悪夢のような惨劇に見舞われたのは2015年9月のことだ。

同月14日に田崎稔さん(55=当時=、以下同)・美佐枝さん(53)夫妻の刺殺体が見つかったのを皮切りに、
2日後の16日には白石和代さん(84)、さらに、加藤美和子さん(41)と長女の美咲ちゃん(10)、
次女の春花ちゃん(7)が変わり果てた姿で発見された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/熊谷連続殺人事件

事件があったのは2015年9月14日、16日のことで、小学生女児2名を含む市民の男女6名を相次いで殺害された事件です。

犯人は襲撃した母子宅にいるところを逮捕されたとのことですが、なんと外国人だったことが明らかにされていました。

一体犯人はどんな人物だったのでしょうか。

 

熊谷6人殺害事件の犯人は?

  http://sayuflatmound.com/?p=16732

逮捕されたのは当時30歳のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告です。

ナカダ被告は「ペルー史上最悪の連続殺人犯」として有名なシリアルキラー、ペドロ・パブロ・ナカダ・ルデニャ氏の実弟であるとのことで、広く衝撃を与えました。

ナカダ被告は元々は熊谷県警で不審者として事情を聞かれていたようですが、この最中に逃走し、その後上記の犯行に及んだと思われます。

事件についてナカダ被告は未だ否認し続けているようで、「殺していません。もし私が6人を殺していれば、私を殺せばいい」などと発言。

統合失調症の疑惑なども出てきていますが、心神喪失状態だったまでとは言えないのではと現在でも議論になっています。

 

熊谷6人殺害事件の判決は?

  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012203131000.html