2007年1月17日、風見しんごさんの娘・えみるさんが、事故に遭い亡くなりました。
加害者である、花王のトラック運転手の名前は加藤雅也さんと言われています。

ここでは、風見しんごさんの娘・えみるさんが事故に遭ったことについてをまとめてみました。
さらに、長男がダウン症で死産だったことや、嫁・荒井晶子さんとの馴れ初めにも迫っていきます。

https://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/bn/20160510.html

風見しんごのプロフィール

https://www.news-postseven.com/archives/
名前風見しんご(かざみしんご)
生年月日1962年10月10日(57歳)
出身地広島県
職業俳優、タレント、歌手
身長169cm
事務所(株)マスタープラン
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/風見しんご

 

風見しんごの経歴や生い立ちについて

https://blogs.yahoo.co.jp/sweeturutora7/

地元の町工場を経営していた父に憧れ、エンジニアになることを夢に抱いた風見しんごさん。
1981年に哀川翔さんを原宿で見かけたことがきっかけで、声をかけ東京ビクトリークラブのメンバー入りを果たします。

デビュー前、風見しんごさんはリーゼントで髪を整えて愛称はボビーでした。
哀川翔さんとお揃いの革ジャンを着て一緒に歩いていると、雑誌の編集部から声をかけられたようです。

風見しんごさんの芸能界デビューは、1982年に「欽ちゃんの週刊欽曜日」のオーデションで合格したことがきっかけ。
合格した理由が、芸能人を目の前にしても恐縮することなく、大きな挨拶をしたからでした。

その後、ドラマや映画にバラエティー番組、舞台など多方面で活躍しています。
さらに歌手デビューも果たし、デビュー曲「僕笑っちゃいます」は風見しんごさんの最大のヒット曲です。

そんな風見しんごさんは、芸能界デビューをしてから37年間レギュラー番組が途切れていません。
2019年4月の時点で、レギュラー番組が98本達成しています。

 

風見しんごの嫁は荒井晶子!

www.livenan.com/archives/17936307.html

1994年、女優・荒井晶子さんと結婚した風見しんごさん。
荒井晶子さんは過去にミス日本に選ばれ、その後に芸能界入りし女優・歌手として活躍しています。

当時、風見しんごさんが大ブレイクしている中、嫁・荒井晶子さんと出会って結婚に至りました。
結婚後、芸能界を引退した荒井晶子さんは専業主婦となります。

そんな2人の馴れ初めについて調べてみましたが、公表されていないため不明。
結婚してから2年後の1996年には、子宝にも恵まれました。

 

風見しんごの長男はダウン症で死産していた...

https://www.sankei.com/life/news/170707/

2008年、長男がダウン症で死産したことを明らかにした風見しんごさん。
嫁・荒井晶子さんは高齢出産だったため、念のためにと羊水検査を受けた結果、ダウン症であることが判明したようです。

この事実を知り、「人生どうでもいい」と投げやりになっていた風見しんごさん。
しかし長男のことがあってからは、「人生どうにかしないと」と前向きになれたそうです。

そして長男の名前を「こころ」と名付け、家族みんなで元気に生まれて来ることを心待ちにしていました。
しかし妊娠8ヶ月を過ぎた頃、「長男のお腹に水が溜まっている」と医師に告げられます。

それから、妻・荒井晶子さんは胎動がちゃんとあるかを気をつけていたようです。
そんなある日、胎動がないことに気が付いてすぐ病院に向かいました。

病院に着き、医師がエコーで長男の様子を見てみると、すでに長男の心臓は止まっていたようです。
次のページでは、風見しんごさんの娘・えみるさんの事故についてをまとめてみました。

 

風見しんごの娘の事故まとめ