ヤマカガシ

兵庫県警伊丹署は31日、同県伊丹市に住む小学5年の男児(10)が29日に毒ヘビヤマカガシ」とみられるヘビにかまれた場所が、同市荻野の若松公園ではなく、北へ約2・5キロ離れた同県宝塚市切畑長尾山の宝教寺の参道だったと訂正しました。この記事では毒蛇「ヤマカガシ」と他のヘビとの見分け方などについてまとめています。



TOP画像引用元:https://namamono-moratorium.com/yamakagashi-hikaku-446

 

毒ヘビにかまれたのは宝塚の山中 公園で血を洗い持ち帰って再び 兵庫・伊丹の小5男児

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000069-mbsnewsv-l28

兵庫県警伊丹署は31日、同県伊丹市に住む小学5年の男児(10)が29日に毒ヘビ「ヤマカガシ」とみられるヘビにかまれた場所が、同市荻野の若松公園ではなく、北へ約2・5キロ離れた同県宝塚市切畑長尾山の宝教寺の参道だったと訂正した。

男児の母親が勘違いして同署に説明していたという。同署によると、男児はこの日、川沿いにある山道に友人とヘビを捕まえに行き、午前10時半ごろに左手の人さし指をかまれた。若松公園にはその後、血が止まらないため手を洗おうと立ち寄った。

また、男児は午後1時ごろにも友人宅で、宝塚で捕まえたヘビをリュックサックから取り出そうとした際に右手首をかまれていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000075-san-soci

 

福岡でも小5が毒ヘビ被害 かまれ5日間入院

http://news.ameba.jp/20170104-396/
福岡県飯塚市の小学5年の男児が7月25日、同県宮若市内で毒ヘビにかまれ、5日間入院していたことが分かった。

 男児が通う小学校によると、男児は25日の昼ごろ家族と宮若市の千石峡で川遊びをしていて、体長1メートルほどのヘビを見つけ触ったところ、親指をかまれた。

母親が病院へ連れて行き、集中治療室で手当を受けるなどし、29日に退院したという。男児は患部が痛むなどの症状が出た。ヘビの種類は分かっていない。

 7月29日には兵庫県で小学生がヤマカガシとみられる毒ヘビにかまれ、一時意識不明の重体になった。

学校から31日に通報を受けた飯塚市教育委員会は「ヒアリやセアカゴケグモなどの被害が全国で報じられている。夏休み期間中だが、学校を通して注意喚起したい」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00010001-nishinpc-soci

 

「まんだ林檎」さんによるTwitter上でヤマカガシにまつわる漫画も話題に

https://twitter.com/mandaring/status/891786005220646917/photo/1
https://twitter.com/mandaring/status/891786005220646917/photo/1
https://twitter.com/mandaring/status/891786005220646917/photo/1

 

ヤマカガシや毒ヘビの見分け方とは