7月1日、午後11時45分ごろと7月2日の午前1時ごろに北海道と九州で震度5弱の地震が立て続けに起きた。 1時間という短いスパンでこれほど大きな地震が続いたことにネットが騒然。気象庁が深夜に二度も緊急会見を行った。 次に大きな揺れがくる地域やTwitterで話題のプレートのズレについて調べました。

北海道安平町で震度5弱の地震が発生

北海道と九州で地震

1日午後11時45分ごろ、北海道安平町で震度5弱を観測する地震があった。この地震による津波の心配はない。

 1日午後11時45分ごろ、安平町で震度5弱、札幌市の一部や新千歳空港で、震度4の揺れを観測した。震源地は胆振地方の中東部で、地震の規模を示すマグニチュードは5.1だった。

 北海道などによると、苫小牧市の68歳の女性が転んで、胸の骨などを折る重傷を負った。

 地震の影響でJR千歳線などで一部の列車に遅れが生じ、札幌駅ではタクシーの代替輸送を待つ長い行列ができた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170702-00000025-nnn-soci

 

九州地方の熊本・大分で震度5弱の地震発生

北海道と九州で地震

気象庁によると2日午前1時ごろ、九州地方の熊本・大分で強い地震があった。この地震による津波の心配はない。

 気象庁によると、2日午前1時ごろ、九州地方で強い地震を観測した。震源地は熊本県阿蘇地方で震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.5と推定されている。

 この地震で、熊本県阿蘇郡の産山村で震度5弱の揺れを観測したほか、震度4を大分県竹田市などで観測するなど、九州地方の広い範囲で揺れを観測した。

 この地震による津波の心配はない。

 気象庁は、今回の地震について、2日午前3時から会見を開き、地震のメカニズムなどについて説明することにしている。

http://www.news24.jp/articles/2017/07/02/07365812.html

 

気象庁が深夜に緊急会見!北海道について「今後の地震に注意を」

北海道と九州で地震

北海道で震度5弱の強い揺れを観測した地震について、気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は午前2時から記者会見を開き、「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどが起こりやすくなっている可能性があり、身のまわりの状況を確認して安全を確保してほしい。今後1週間程度は最大震度5弱程度の地震に注意するとともに、特に2、3日程度は規模の大きな地震が発生することが多くあるので、今後の地震活動に十分注意してほしい」と呼びかけました。
そのうえで、今回の地震は、陸側のプレート内で発生し、メカニズムは、「逆断層型」と「横ずれ型」の両方の要素があるということです。

また、今回の地震の震源の10キロほど西には、政府の地震調査研究推進本部が主要活断層帯と評価している『石狩低地東縁断層帯』があるとしたうえで、「現時点では今回の地震との関係はわからない」と述べました。

「石狩低地東縁断層帯」とは
「石狩低地東縁断層帯」は、政府の地震調査研究推進本部が評価している、全国に113ある「主要活断層帯」の1つで、北海道西部の石狩平野に位置し、美唄市から安平町にかけての長さおよそ66キロの「主部」と、千歳市から日高町の沖合にかけての長さおよそ54キロの「南部」からなる断層帯です。

このうち「南部」について、政府の地震調査研究推進本部は、最大でマグニチュード7.7程度以上の地震が発生する可能性があり、今後30年以内に起きる確率は「0.2%以下」と評価していて、地震が発生する危険度は4段階で示すランク分けのうち上から2番目の「Aランク」となっています。

また、「主部」については、最大でマグニチュード7.9程度の地震が発生する可能性があり、今後30年以内に起きる確率は「ほぼ0%」と評価していて、地震が発生する危険度は4段階で示すランク分けのうち上から3番目の「Zランク」となっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170702/k10011037991000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

 

熊本県で震度5弱 気象庁「地震や降雨にも注意を」

北海道と九州で地震

熊本県で震度5弱の強い揺れを観測した地震について、気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は午前3時から記者会見を開き、今回の地震は発生メカニズムは「横ずれ型」で一連の熊本地震の活動域で発生したと説明しました。

そのうえで「今回の地震は一連の熊本地震の活動の一つと考えられる。活動は減衰しつつも続いていて、現状程度の活動は当分の間続くと考えられる。揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まった状態が続いているので今後の地震活動とともに、梅雨の時期であることから雨の降り方にも十分注意してほしい」と呼びかけました。

また、今回の地震のあと、阿蘇山など周辺の火山の火山活動には特段の変化は見られないということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170702/k10011038011000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

 

地震の震度履歴

北海道と九州で地震

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/earthquake/

 

立て続けに起こる震度5以上の地震にネットも騒然







 

Twitterで話題になっているプレートのずれとは?



この方の予想は当たるのか?ネットでは他にも様々な噂が後を立ちません。

 

地震の連鎖?次は本土?長野の地震が発端?

Twitterでは様々な憶測が飛び交う











 

 

最後に

先週にも大きな地震があったし、真夜中にこんなに大きな揺れが続くと不安になりますよね。 ネットではこれを機に再度、地震に対して改めて対策をしようといった声も出ています。記憶にあるうちに非常食の購入や自宅や職場での緊急経路の確認などをして備えておくと良いでしょう。

久保田未夢は拒食症?ラブライブ!スクフェスPDPの朝香果林役として大抜擢!i☆Ris(アイリス)のメンバーでプリパラのそふぃ役なども務めるみゆたんの気になる噂まとめ