http://future-past.info/chikan-senro-tousou

通勤や通学など、住民の足として使われる電車。
そんな便利な電車ですが、人身事故が原因などでダイヤが乱れたりする事があります。

今回は、そんな電車で最近増えている、ダイヤの乱れの原因とその原因を作った人に対する賠償金についてまとめました。

痴漢を疑われ線路を逃走する人が急増

3月以降、都内で6件

http://ameblo.jp/tanosan-kitakyusyu/entry-12256357468.html

4月13日午前7時50分ごろ。
JR総武線両国駅(東京都墨田区)で男が痴漢と疑われ女性2人とともにホームに降りました。
そこで男は

「俺じゃない!」

と言い残し、線路に飛び降り50メートル走り逃げ、金網フェンスを越えて姿をくらましました。

この時間帯は1〜2分おきに電車が来るのですが、安全確認の為、一時運転を停止しました。
このせいで、20分の遅れが出た電車もあったそうです。

ホームにいた男性会社員は

「駆けつけた警察官が線路上で男を捜していた。電車が止まり出勤時間にも遅れた。迷惑以外のなにものでもない」

と語りました。

この痴漢と疑われ線路逃走は、3月から6件起こっているそうです。
一つ、池袋駅で起こった線路逃走動画がTwitterにあがっているので紹介したいと思います。

池袋駅で痴漢逃走

http://www.asahi.com/articles/ASK3G3GXGK3GUTIL00Y.html

3月14日午前9時ごろ、電車内で20代女性が男性に対し

「触りましたよね?」

と指摘し、池袋駅で降車しました。

すると男は、女性を突き飛ばし、自らは線路に飛び降りそのままトンネル方面へ逃走しました。

その時の動画がこちらです。



女性は、膝をすりむくなどの軽傷を負ったそうです。

過去には死亡事故も…



2001年にJR御茶ノ水駅(千代田区)で痴漢をとがめられた男が線路を逃走中に、近くを流れる神田川に転がり落ちて死亡した。
03年にはJR上野駅(台東区)で痴漢の疑いで取り押さえられた男が線路に飛び降り、電車にはねられて死亡した。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0418e040188/


痴漢で線路に降りて逃亡したり、自死の為に電車に飛び込んだり、電車のダイヤに影響を及ぼせば、賠償金が発生するそうです。

次は、電車を止めた際の、賠償金についてまとめました。

 

電車を止めた際の賠償金額は?

20分程度ならウン十万〜



賠償額の算出方法は以下のものがあるらしいです。

(1)
振替輸送…これはまちまちです。
利用人数と区間によって違いますね。
ちなみに振替輸送は別の鉄道会社に頼む場合、バス会社に頼む場合があります。
利用人数×利用区間を算出し、止まった鉄道会社(JRなど)に請求がいき、それを遺族・関係者が払います。

(2)
急ブレーキ…急ブレーキをかけた場合使用電力は6千円~8千円となり、急ブレーキによる車輪の摩耗費約1万円とあわせて18000円くらい請求されるようです。

(3)
電車が遅れた…事故のせいで電車が遅れると山手線で15分~30分で数十万、ラッシュ時は100~200万円かかるようです。

(4)
電車の破損…人が飛び込んだくらいだと電車自体の破損はあまりありませんが、例えば来るまで突っ込んだ、等の場合には壊れた電車の車体の修理費がかかります。

(5)
遺体回収料…上記にプラスして遺体回収作業の代金がかかります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/549249.html

先日起きた、両国駅の線路逃走した男が捕まれば(3)に当てはまるので、100万から200万の賠償請求が発生するかもしれませんね。

しかしこれは普通の電車の場合で、新幹線や特急電車になるとその金額が跳ね上がるそうです。

新幹線だと1時間の遅れで数千万かかるんだとか……

過去には、車ごと新幹線に飛び込んで1億4千万円賠償請求された例があったそうです。

 

twitter上の反応



 

まとめ

痴漢をした人はもちろん責任をとらないといけません。
仮に、冤罪だったとしてもそれを立証するのは難しいらしいし、逃げたくなる気持ちも分からなくもないです。
ですが、逃げてしまえばその冤罪も立証出来ず、多くの人に迷惑をかけ多額の賠償金を請求され、自らの命も危険にさらす…… リスクの方が高いような気がします。
痴漢をした人は正直に謝罪し冤罪だったとしてもしっかりと対応しましょう。