日本ボクシング連盟山根明会長)が、アスリート助成金を不正流用するなどした疑いがあるとして、都道府県連盟の会長や理事長、歴代五輪代表選手ら333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送った騒動が話題となっています。

この記事では騒動の詳細や山根会長についてまとめていきます。

TOP画像引用元:http://jabf-kizuna.com/

 

日本ボクシング連盟とは

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本ボクシング連盟   
正式名称一般社団法人日本ボクシング連盟
設立1926年
会長山根 明
所在地東京都渋谷区
活動内容アマチュアボクシング大会の開催
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/日本ボクシング連盟

日本ボクシング連盟とは正式名称が「一般社団法人日本ボクシング連盟」で、通称は英語にした時の頭文字から「JABF」と呼ばれています。

日本国内でのアマチュアボクシングの競技統括団体に該当し、日本オリンピック委員会や国際ボクシング協会にも加盟しています。

2001年からは女子ボクシングも認定、その後小学五年生以上を対象とした「小中学生大会」を開催したりと、ボクシングの間口を広げて幅広く受けて入れてもらえるような活動をしています。

 

日本ボクシング連盟会長・山根明のプロフィール

https://buttagiri.com/yamane-akira/   
本名山根 明(やまね あきら)
生年月日1939年10月12日(79歳)
出身地大阪府堺市
職業日本ボクシング連盟会長(終身会長)

過去の実績としては

・20年間の内部抗争のために正常な運営がなされていなかった連盟の問題をすべて片付けた
・選挙運動を一切していないのにアジアボクシング連盟の理事に1位の票数で選ばれた
・プロボクシングとの関係も数多く改善
・国際大会への選手の派遣等の改革も実施

https://news7-web.com/yamaneakira-kaicho/

山根明会長はアマチュアボクシングの日本代表監督を19年間務めあげた経験のある方です。

1994年から2002年までの間は国際ボクシング連盟(AIBA)の常任理事に就任、その後日本アマチュアボクシング連盟の副会長に就任。

会長に就任したのは2011年のことで、7年間務めていることになりますね。

これ以外にも日大の客員教授やボクシングのナショナルチームの監督、強化委員会の委員長なども行なっており、ボクシング界のほとんどが山根会長をトップに動いているようですね。

調べてみると山根会長はかなりアマチュアボクシング界に尽力していたようで、いくつもの偉業を成し遂げています。

この方無くては今のアマチュアボクシング界は存在しなかった、という声もあるほどの人物です。

外見は強面で、なかなか近寄りがたい印象がありますが…長年会長として君臨してきた重鎮の風格や威圧感がありますね。

 

ボクシング連盟の不正告発、選手ら300人超が報告

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3434241.html
アマチュア・ボクシングを統括する一般社団法人・ボクシング連盟に対する告発状。
告発人には、各都道府県の役員や選手、合わせて333人が名をつらね、日本オリンピック委員会や内閣府に提出されました。

問題とされている一つが“助成金の不正流用疑惑”。
2年前のリオ・オリンピックに出場した成松大介選手らが訴えています。

告発状によると、成松選手は2015年度に日本スポーツ振興センターから強化を目的に、助成金240万円の交付が決定。
しかし、ボクシング連盟側からほかの2人の選手に80万円ずつ渡すよう指示され、3分割したといいます。

事実であれば“不正流用の疑い”があります。

告発状には、ほかの“金銭疑惑”や“審判の不正”なども記されていて、
背景には、山根会長による“強権的な体制”があると指摘しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3434241.html


「会長に『3人で分けなさい』、『分かりました』って言って」(成松選手)

「会長の命令っていうと、おかしくなっちゃうから」(日本ボクシング連盟の幹部)

「『2人にやってあげたよ』って、あなたの気持ちでやってくれたのならば、マルなのよ」(日本ボクシング連盟の幹部)

「いまはバツってことですか?」(成松選手)

「会長の命令でやったとなると、会長がからんでくるから」(日本ボクシング連盟の幹部)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3434241.html

告発状では連盟側が成松選手を呼び出し、山根会長が指示した内容の「隠蔽」を図るような音声も公開。

助成金を3分割することを指示したのが山根会長のようですね。

その事が公になると大問題になると察した幹部側で、上記のような話し合いがあったのでしょう。

成松選手は「会長の意に反すると自らの選手生命を絶たれるのでは」という思いから、やむを得ず指示に従ったとされています。

横綱による暴力事件、指導者によるパワハラが明るみに出たレスリング界、大学定期戦での悪質なタックルを指示したアメリカンフットボール界。

現在スポーツ界は、ジャンル問わず様々な分野で大騒動になっています…

 

連盟側による山根明会長への異常なおもてなしが話題に!

https://www.nikkansports.com/sports/news/201807310000734.html