フィギュアスケート選手として活躍している宇野昌磨さんには、弟・宇野樹さんがいて「イケメン」と注目されています。

また、「宇野昌磨さんの実家はお金持ち」という噂も浮上。
父親はIT会社の社長で、株式会社ウィードという名前のようです。

ここでは宇野昌磨さんの弟についてや、「実家がお金持ち」と言われている理由についてまとめてみました。

https://number.bunshun.jp/articles/-/829945

宇野昌磨のプロフィール

https://www.fashionsnap.com/article/
名前宇野昌磨(うのしょうま)
生年月日1997年12月17日(22歳)
出身地名古屋市
職業フィギュアスケート選手
身長158cm
事務所USM
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/宇野昌磨

 

宇野昌磨の経歴や生い立ちについて

https://kyun2-girls.com/archives/3397

宇野昌磨さんは5歳の頃、名古屋スポーツセンターでスケート教室に参加。
「一緒にフィギュアスケートをやろう」と、その場に偶然居た浅田真央さんに声をかけられたことが、フィギュアスケートを始めたきっかけです。

それから、浅田真央さんが海外に拠点を移すまでの約5年間、一緒にフィギュアスケートの練習を重ねました。

そんな宇野昌磨さんは、多数の大会に出場し優勝の受賞歴もありますが、ジュニア時代にトリプルアクセルを跳べることはできなかったようです。

そして2014年10月、大会の練習中に初めてトリプルアクセルを跳べるようになりたくさんの方々に勇気を与えます。

その後、世界で初めて4回転フリップジャンプを成功させた宇野昌磨さん。
「オペラ座の怪人」を生で見たことがきっかけで、高橋大輔さんが憧れの選手と語っていました。

 

宇野昌磨の実家はお金持ち?

https://www.hachi8.me/one-masumis-parents/

2016年、週刊女性PRIMで「宇野昌磨さんの実家がお金持ち」と報道されました。

フィギュアスケートは、とてもお金がかかるスポーツで有名です。
安いスケートシューズでも2〜3万円、一流選手となると約20万円もの費用がかかり、半年ごとに交換するスポーツであることも知られています。

他にもスケートのレッスン代・交通費・衣装代などの費用がかかるため、宇野昌磨さんの実家は金銭的に余裕があると噂されています。

さらに過去には、高橋大輔さんの2世として自宅を公開。
自宅には高級そうなソファーにグランドピアノが置いてあり、ネット上では「お金持ち」と言われるようになりました。

そんな宇野昌磨さんの父親は、IT社長をしているそうです。

 

宇野昌磨の父親はIT社長!

https://shimajirou.com/unosyoma-younger-brother-face/

宇野昌磨さんの父親は、愛知県名古屋市にある「株式会社ウィード」の取締役社長を務めています。

この会社は、2000年7月に設立されている会社19で年続いているよう。
会社の業務内容は、「テクニカルマニュアル作成業務」や「テクニカルイラスト作成業務」などと言われています。

マニュアル作成やカタログの企画をしているようですが、宇野昌磨さんの父親が社長であることに変わりはありません。
19年間も会社を存続させられる手腕をお持ちの父親は、宇野昌磨さんから見ても尊敬できるでしょう。

次のページでは、話題になっている宇野昌磨さんの弟についてまとめています。

 

宇野昌磨の弟はイケメンで性格がいい?