歌手・徳永英明さんは、独特なハイトーンボイスで数々のヒット曲を生み出しています。

2018年9月4日に緊急搬送された事が報道され、世間からも心配する声が上がっています。徳永英明さんは過去にも病気を患っています。

今回は徳永英明さんの病気や容態などについてまとめてみました。

https://www.musicvoice.jp/news/20150123022494/

徳永英明のプロフィール

http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200810150004
名前徳永英明(とくながひであき)
生年月日1961年2月27日(57歳)
出身地福岡県
職業シンガーソングライター・作曲家・俳優
レーベルユニバーサルミュージック・A&Mレコード
事務所マゼラン
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/徳永英明

 

徳永英明の生い立ちや経歴

https://ameblo.jp/senna351103/entry-12172944688.html

徳永英明さんは中学生の時に、歌手・井上陽水さんの「氷の世界」を聴いて衝撃を受けたそうです。歌手になる為、19歳の時に上京してアルバイト生活をしていたそう。

レコード会社に自ら売り込みをしていたとか。この時、徳永英明さんは父親から「25歳までにデビューできなかったら、自分と同じ保険の営業マンになれ」と言われていたそうです。

オーディション番組「スター誕生!」に参加したり、オーディションに応募したりしていたそうですが、スカウトされなかったそう。

https://reminder.top/438516562/

ですが、歌手の夢を追い続けた徳永英明さんは、デビューのきっかけになればと「俳優養成所」に入ったそうです。

1985年にミュージカル「はらじゅくグラフィティ」のオーディションに参加。このオーディションで主役を射止めたそうです。

翌年の1986年1月21日にシングル「Rainy Blue」でCDデビューを果たしました。この時、父親との約束「25歳まで」という期限まで残り約1ヵ月でのデビューでした。

その後「輝きながら…」「壊れかけのRadio」などのヒット曲を生み出しています。

 

徳永英明は過去にもやもや病になっていた

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20160304001.html

徳永英明さんは、突然ろれつが回らないなどの症状に見舞われたそうです。2001年5月に「もやもや病」を発症し、コンサートツアーの延期を発表した徳永英明さん。

「もやもや病」とは脳血管障害の一種です。脳血管造影の画像で「異常血管網」が煙のように「もやもや」しているように見える事で、このように呼ばれているそう。

徳永英明さんは、約1年半の療養で「もやもや病」を克服したそうです。

しかし、2016年2月上旬に体調不良を訴え「もやもや病」を再発症し、手術と休養の診断を受けたそうです。2016年2月22日、脳梗塞発症予防の「左複合バイパス手術」を行いました。手術は無事成功し、静養する為「活動休止」していました。

 

徳永英明が救急搬送、容態は?

https://abematimes.com/posts/4838374

2018年9月4日の午後、徳永英明さんが緊急搬送されていた事が報じられました。

徳永英明さんは、事務所のスタッフと談笑中に「激しい立ちくらみ」に襲われたそう。異常を感じた事務所のスタッフが救急車を呼んだそうです。

公式サイトでは、当初「本人は元気」だとコメントしていましたが、翌5日には病名と「休養」を発表しました。

所属事務所コメント
「徳永本人はいたって元気で、
問題なければ今週末の新潟、富山でのコンサートも予定通り行う予定です」

https://abematimes.com/posts/4838374

 

徳永英明の病気は脳梗塞