「ドドスコ、ドドスコ、ラブ注入」のギャグで一世を風靡し、整体師としての顔も持つなど多彩な活動を行っていた、お笑い芸人の楽しんごさん。
テレビで見ない日はないほどに活躍していた楽しんごさんの今現在や、暴力沙汰の噂についてもまとめてみました!

https://anohito-genzai.com/tanoshingo-imagenzai

楽しんごのプロフィール

https://pikaribox.com/koikeyuriko-tanoshingo-01-4243
名前楽しんご
本名佐藤信吾
生年月日1979年3月15日(39歳)
出身地神奈川県横浜市
職業お笑い芸人、整体師
事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー・東京吉本
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/楽しんご

186センチの長身で軽やかな動きをしながら、高い声と低い声を使い分け、ジェンダーレスなギャグを得意としていた楽しんごさん。
学生の頃から女性らしさがあったといい、一時は「女性に興味がない」という発言もしていました。

中学時代には、お金の要求に応えられないとなるとカッターで唇を切られたり、焼却炉で熱した鉄の棒を胸に押し付けられたり、クラス全体から無視されるという、酷いいじめを受けていたことも。
「自分と同じ境遇の子に、自分みたいになって欲しくない」という思いで、辛い過去を発信しています。

 

楽しんごの経歴や生い立ちについて

https://twitter.com/

高校を卒業すると、石油会社へ就職して働きながらゲイバーやキャバクラのアルバイトを始めた楽しんごさん。
20歳で俳優活動を開始するも、上手くいかず焦っていた時にオリエンタルラジオの「武勇伝」ネタを見たことがきっかけで、お笑い芸人へと転身しました。

2006年にピン芸人「しんご☆くん」としてデビューすると、人気お笑い番組「エンタの神様」で大ブレイク。
2008年に「楽しんご」に改名し、CDデビューやドラマ出演も果たすなど芸能界で人気を博していきました。

 

楽しんごの年収や愛車がヤバい?

http://jonny.click/kyougaku/15705

芸能界で活躍する傍ら、「癒しんご&勝田整体治療院」を開業し、予約が埋まる盛況ぶりを誇っていた楽しんごさん。
2011年には神奈川県川崎市中原区に移転し、2012年には名古屋店をヒルトン名古屋に開業、現在はセレブ向け高級マッサージ店の経営も行い、なんと8店舗もの出店に成功しています。

相当な年収があるのか「自分へのご褒美」と車の購入を明かし、写真をツイートに掲載した楽しんごさん。
車種は「ブガッティ・ヴェイロン」という、2億円の高級車を披露しています。

 

楽しんごの暴力事件とは

http://hiroi24.com/3652.html

芸能人として、サイドビジネスの経営者として、双方共に成功を収めていた楽しんごさんでしたが、2013年8月に雑誌「フライデー」が告発記事を掲載したことから、状況が一変しました。
その内容は、楽しんごさんが付き人の男性へ日常的に暴力をふるっていたというものでした。

更に、元マネージャー、元付き人の2人からも同様の被害を明かされ、警視庁管轄の警察署に被害届が受理されるという事態へ。
冤罪という説もありながらも、イメージの急転直下で芸能界から姿を消すこととなりました。

 

楽しんごの現在が激太り?