目次

https://twitter.com/hangingpro

白石隆浩容疑者が利用していたとされるTwitterアカウントの名前は「首吊り士」だったそうです。捜査関係者によると、この首吊り士というツイッターアカウントは白石隆浩容疑者が自殺志願者と連絡を取る際に使われていたとの事。

白石隆浩容疑者の「首吊り士」という名前のツイッターアカウントは2017年9月に作成されたものであり、これは白石隆浩容疑者が殺害・死体遺棄を始めたと供述している時期と重なっています。

 

白石隆浩隆浩容疑者には精神障害があった?減刑の可能性も

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18840.html
1日に送検された白石容疑者は、「ちゃんと話します」などと取り調べには淡々と応じているということです。

しかし、今年の6月に家族に対し、「生きてて意味がない」「何のために生きているのだろうか」などと話していたといういことで、警視庁は白石容疑者の精神状態についても今後、調べる方針です。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171101-00000031-ann-soci

白石隆浩容疑者への取り調べや調査で、白石隆浩容疑者が家族に対して自殺をほのめかすような発言をしていたことがわかりました。精神障害の疑いもあるということで、警察は慎重に調査を進めているようです。

日本の現行刑法第39条には「心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」と明示されている。

精神障害があり、犯行当時にいわゆる責任能力がない場合、明らかにその人物が犯罪をしていても無罪となって刑事裁判にはかけられなくなり、あるいは、刑罰が減軽されるのである。

http://www.lifestudies.org/jp/univ/tarui01.htm

 

白石隆浩容疑者とゴルゴンゾーラまさおについて

https://twitter.com/gorumasa