セブンイレブンのオーナーが本部の経営戦略により自殺し、話題になっているようです。

自殺をしたのはセブンイレブン東日本橋1丁目店を経営していた齋藤敏雄さん。
齋藤敏雄さんは自殺した際に遺言を残していたそうです。

齋藤敏雄さんの遺言や齋藤敏雄さんを苦しめたセブンイレブンの経営戦略、ネットの反応をまとめましたのでご覧ください。

TOP画像引用元:https://www.homemate-research-convenience-store.com/dtl/00000000000000182397/

セブンイレブン東日本橋1丁目店のオーナとオーナーの息子が自殺

https://okinawa-repeat.com/wadai-all-seveneleven/

東京都内にあるセブンイレブン東日本橋1丁目店のオーナーの息子さん、齋藤栄治さんが2014年9月に、セブンイレブンでの夜勤後に自宅で自殺したそうです。

遺書などは残されていなかったそうですが、母親の齋藤政代さんによると「店のために息子を失った」と話していたのだとか。

そして今年、2019年7月11日に、このお店のオーナーでお亡くなりになった齋藤栄治さんの父親、齋藤敏雄さんも自殺してしまいました。

この一連の自殺には、セブンイレブン本部による経営戦略が大きな原因となっているようです。
一体このセブンイレブンで何があったのでしょうか?

 

セブンイレブン東日本橋1丁目店の場所

現在はお店は閉店されているので店舗はありませんが、元々は上記のビルの1階で、道路に面した場所にあったようです。

立地は悪くないですが、徐々に経営が悪化してしまったのだとか。

 

ネットの反応

セブンイレブン東日本橋のオーナーと息子が自殺した理由とは?