フィギュアスケート ・全日本選手権第1日(21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ) 平昌五輪 代表最終選考会を兼ねた大会が開幕し、2枠の代表を争う女子の ショートプログラム (SP)で、 坂本花織 (17)=シスメックス=が73・59点で首位発進し話題になっているようです。この記事では坂本花織さんの顔立ちが 韓国人 っぽい、 韓国国籍 なのではないかという噂や、ネット上の反応などをまとめています。

TOP画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2147365748977028701

 

坂本花織「なんでぇ!?」2位も五輪代表入りへ自己新猛アピール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000049-sph-spo.view-000
女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(19)=関大=が、逆転優勝で悲願の五輪切符をつかんだ。

フリーで147・16点をマーク。国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自身が持つ国内歴代最高を上回る220・39点で浅田真央以来の4連覇を達成。

平昌五輪代表の残る1枠は、24日の大会終了後に行われる選考委員会で決まる。2位に入った坂本花織(17)=シスメックス=と、4位の樋口新葉(16)=日本橋女学館高=との一騎打ちが濃厚となった。

シニア転向1年目の17歳が、最終滑走の重圧をはねのけ、やりきった。「今日一日緊張しっぱなしで。ようやく解放された。全部出し切れた」。

坂本の目から安堵(あんど)の涙がこぼれた。冒頭のフリップ―トウループの連続3回転は回転不足を取られたが、大きなミスなく演技終了。

お祈りポーズで順位を待つも大差での2位に「え~、なんでぇ!?」と、のけぞって苦笑いしたが、非公認ながら自己ベストを上回る213・51点。五輪代表入りを猛アピールした。

太りやすい体質で、普段から食事には細心の注意を払う。この日の演技に、大きなごほうびが待っていた。

普段は厳しい中野コーチから「大好きな肉を今日は何グラム食べてもいい。よくやった!」と手放しで褒められた。

五輪代表は24日に発表される。「ちょっとは可能性が見えてきたかな?って思います」とカオリンスマイル。あとは待つだけだ。(高木 恵)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000049-sph-spo

 

坂本花織が五輪代表に選出!

 平昌五輪の代表選手が発表され、2枠の女子は坂本花織(17)=シスメックス=が、大会4連覇の宮原知子(19)=関大=とともに選出された。

日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長から名前を呼ばれると、坂本は満面に笑みを携えて氷上へ登場。ほかの代表選手と肩を並べてマイクを握り、「昨年は2月にユース五輪に出させていただき、ケガでいい演技ができなかったので、ホントのオリンピックでリベンジをしたいと思います。緊張するとは思いますが、自分らしく演技をしたいと思います」などと語った。

https://www.daily.co.jp/general/2017/12/24/0010846076.shtml

日本スケート連盟の発表により、坂本花織さんがフィギュアスケート女子の日本代表に選出されたことがわかりました。この選出は坂本花織さんの日本選手権での大躍進が評価されたことを表しており、五輪本番でも勝負強さを発揮することが期待されています。

 

坂本花織のプロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000064-tospoweb-spo
  
本名坂本花織(さかもと かおり)
生年月日2000年4月9日(17歳)
出身地神戸市
職業フィギュアスケート選手
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/坂本花織

 

坂本花織の最近の戦績まとめ

https://www.sora-ten.com/samamoto-kankoku-kao-koukou/

2015-2016シーズン

2015-2016シーズン、アジアフィギュア杯のシニアクラスに出場し3位に入る。JGPリガ杯では、SP・FSともにパーソナルベストを更新し2位、続くJGPコペルニクススターズでは4位となった。

全日本ジュニア選手権では5位となる。全日本選手権では13位となり、リレハンメルユースオリンピックでは6位に入った。4月18日には須本光希とともに台湾選手権にゲスト出演し、FSを披露した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/坂本花織

2016-2017シーズン

2016-2017シーズン、JGPサン・ジェルヴェで2位、続くJGP横浜で優勝しJGPファイナル進出を決めた。初出場のJGPファイナルでは銅メダルを獲得した。

全日本ジュニア選手権では初優勝を飾った。4度目の出場となった全日本選手権では7位となり、世界ジュニア選手権の代表およびアジア冬季競技大会の補欠に選出された。

アジア冬季競技大会では宮原知子がケガで欠場となり、補欠として繰り上がり出場の予定であったが、インフルエンザため欠場となった。2回目の出場となった世界ジュニア選手権では、SP・FSともにパーソナルベストを更新して、銅メダルを獲得した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/坂本花織

2017-2018シーズン

2017-2018シーズン、シニア国際大会デビュー戦となったアジアフィギュア杯で優勝。ISUチャレンジャーシリーズのUSインターナショナルクラシックでは、SP・FSともにミスが出て4位。

全日本選手権の出場を目指す近畿選手権で、参考記録ながら自身初の200点超えとなる201.15点を獲得して優勝した。

ISUグランプリシリーズに初参戦し、ロステレコム杯ではFSにミスが出て5位となる。続くスケートアメリカでは、SPはスピンで僅かなミスが出るも自己ベストを更新し2位、FSではミスなくまとめ自己ベストを大きく更新し2位。

トータルでも210.59点を獲得し、ISU公認大会初の200点越えを果たし2位表彰台と、大きな飛躍を遂げた大会となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/坂本花織

坂本花織が四大陸選手権で優勝!

 欧州以外の国・地域で争うフィギュアスケートの四大陸選手権は第3日は26日、台北アリーナで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストとなる142・87点を出し、合計も214・21点の自己ベストで逆転優勝した。三原舞依(同)が合計210・57点で2位。転倒があった宮原知子(関大)が3位だった。

https://www.asahi.com/articles/ASL1V5QNLL1VUTQP036.html

2018年1月26日に行われた四大陸選手権で、坂本花織さんがショートプログラム2位からの逆転勝利を飾りました。同じく五輪代表に選出されている宮原知子さんを抑えての優勝となり、坂本花織さんにとっては五輪前に大きな自信となる優勝となりました。

 

坂本花織の顔が様々な著名人に似ていると話題に

http://chikiyasuibuki1104.com/3725.html

景山民夫

https://twitter.com/kageyamatamio

草なぎ剛

http://news.livedoor.com/article/detail/12477882/

金本知憲

https://hanshintigers.jp/data/staff/2018/6.html

この中だと坂本花織さんは一番アニキ(金本)に似ているかな?という気がしますね。

 

坂本花織は韓国人?顔立ちがネット上で話題に…