集英社は4月23日、和月伸宏作の漫画、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の連載を再開すると発表しました。

この記事では詳細や休止の経緯についてまとめていきます。

TOP画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00010003-bfj-ent

 

『るろうに剣心』の作者、和月伸宏のプロフィール

https://matome.naver.jp/odai/2151131698940186401   
本名西脇 伸宏(にしわき のぶひろ)
生年月日1970年5月26日(48歳)
出身地新潟県長岡市
職業漫画家
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/和月伸宏

和月伸宏さんは1987年、高校在学中に『ティーチャー・ポン』で第33回手塚賞佳作を受賞し、デビューしています。
その後『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を連載、1996にテレビアニメ化され、多くのるろ剣ファンを産んだことで話題となりました。

2003年に連載を開始した『武装錬金』も2006年にはアニメ化、OP曲である『真赤な誓い』はとても人気な曲となり、若者層はそこから知った方もいるかも知れませんね。

 

連載再開となる『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』とは

https://natalie.mu/comic/news/243499   
作者和月伸宏・黒碕薫(ストーリー協力)
出版社集英社
掲載誌ジャンプスクエア
発表号2017年10月号~

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』はその名の通り、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の最新章になります。


幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。
明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。

神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/るろうに剣心_-明治剣客浪漫譚-

本編は『東京編』、『京都編』、『人誅編』と三章あり、『北海道編』は四章目、人誅編の続きものとされているようです。

その後剣心や薫はどうなったのか、何故北海道が舞台に?と気になる方も多いですが、和月さんの書類送検に伴い2017年12月4日発売号から休載となっていました…

 

和月伸宏が児童ポルノ所持容疑で書類送検、北海道編編休載が決定に

http://treeoflife999.com/wadukinobuhiro
女児の児童ポルノを所持していたとして、人気漫画「るろうに剣心」の作者、和月伸宏さんが11月21日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で警視庁に書類送検された。

読売新聞などの報道によると、和月さんは10月、都内の事務所で、10代前半の女児の裸が映った動画のDVDを所持した疑いがあるという。
和月さんは容疑を認めて、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と話しているという。

ジャンプスクエアで連載中の続編は当面の間、休載になるという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13938861/

和月さんが書類送検されたのは去年の11月、長年のファンのショックはとても大きなものでしたが、中には『やりかねない顔をしていた』、『るろ剣にロリが出ないってことは自制してたいうこと』と諦めや同情の声もありました。

 

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』 が再開決定!その日程は?

http://shitalog.com/book-review/comics/rurouni-kenshin/