ずっと変わらないプロポーションを保ち、憧れる女性も多いRIKACOさん。
男性に対する恋愛観や価値観などについて意見する事も、支持されている魅力の一つです。

実生活では俳優・渡部篤郎さんと1993年に結婚しましたが、2005年に離婚を発表。現在はシングルマザーとして活動しています。

今回は、RIKACOさんの元旦那との馴れ初めや離婚理由、過去の男性遍歴などについてまとめてみました。

https://grapee.jp/506347

RIKACOのプロフィール

https://www.news-postseven.com/   
本名吉川莉加子(よしかわりかこ)
生年月日1966年3月30日(54歳)
出身地神奈川県
職業タレント
身長169cm
血液型A型
事務所LDH JAPAN
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/RIKACO

 

RIKACOの生い立ちや経歴

https://ameblo.jp/superexpress-inuwashi/entry-12120776736.html

13歳でモデルデビューしたRIKACOさん。
1981年11月に、資生堂『シャワーコロン』のキャンペーングループのオーディションに参加し、見事合格しています。

そしてモデル7名で結成された『シャワー』というアイドルグループに入り、1982年にシングル『Do Up・愛・ing(ラヴィング)』で歌手デビューしました。
グループ内でRIKACOさんは、センターポジションで歌っていたそうです。

その後は、17歳の時にタレント・女優業に転身。
1992年に放送されていたバラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』にレギュラー出演し、一躍若者のファッションリーダーとして注目されました。

https://streaming.yahoo.co.jp/

RIKACOさんは2001年にドラマ『別れさせ屋』で初主演を飾り、その後もドラマに多数出演。

テレビ番組でハッキリと意見を述べるRIKACOさんは、バラエティ番組や情報番組などに出演するようになり、コメンテーター・タレントとしても人気を得ています。

 

RIKACOの男性遍歴まとめ

https://mainichikirei.jp/photo/

男性遍歴は少なく、恋愛について“一途”だというRIKACOさん。

元旦那・渡部篤郎さんと交際する前にお付き合いしていた方がおり、一般人の方で“青年実業家”という情報があります。

結婚も考えたお相手だそうですが、マリッジブルーになっていた時期に渡部篤郎さんと出会い、その方とは別れたようです。

その他にもモデル仲間だったマークパンサーさんや元サッカー選手の北澤豪さんとの噂がありますが、元彼ではないかと一部で囁かれているのが、歌手・吉川晃司さんです。

https://mainichi.jp/articles/20190514/dyo/00m/200/033000c
恋愛遍歴についても話が及びました。
恋愛になると一途で、一度付き合うと長いというRIKACOさんに、
カズレーザーさんが「タレントさんとか大物じゃないといけなくないですか」と質問。
「そういう方ともお付き合いはしてました」
というRIKACOさんが明かすと、
MC陣の「へえ~~~~」という相槌とともに、「バカなふり」スイッチがON!

ひとり「まあでも当然ですよね」
澤部「RIKACOさんくらいになるとまあ」
ひとり「何言われても全然我々は動じないですけども」
バカリ「別にそういう番組じゃないからね」
ひとり「…役者さんですかあ?」
RIKACO「役者さんはいませんでしたね」
澤部「となると?」
RIKACO「アーティスト」
バカリ「ソロですかね」
ひとり「ソロで歌ってる方なんですか?」
RIKACO「とか!」
バカリ「シンガーソングライター」
RIKACO「とか!」
ひとり「マイク持ってる方ですか? ギター持ってる方ですか?」
バカリ「楽器のこと知りたいから俺ら! 音楽好きだから」
RIKACO「(笑いながら)それは検索してみてよ」
一同「出てくるんですか!?」
ひとり「キーワードだけ教えてもらえたら」
澤部「『RIKACO 何』って入れたら(笑)」
ひとり「なんの楽器入れたら出てくるんですか(笑)」

「あくまで音楽のことが知りたいから」とトボケながらの怒涛の追求に、
思わずRIKACOさんも笑ってしまったのでした。

https://www.fujitv.co.jp/muscat/20170080.html

2017年にバラエティ番組『良かれと思って!』にゲスト出演したRIKACOさん。
その時の恋愛話で“アーティスト”というワードが出てきました。

「誰?」とネット上では話題になり、そこで名前が挙がったのが吉川晃司さんでした。

2011年に結婚を発表した吉川晃司さんにコメントしたRIKACOさん。
その内容が『深い付き合いがあったような言葉』だと囁かれたことが原因のようです。

RIKACOはこの日一般女性との結婚を発表した同い年の歌手・吉川晃司(45)に対し
「守りに入ることがシンガーとしてはどうかなって言い続けていたけど
大人になるっていうか、守る喜びがわかってよかったと思う」
と祝福した。

https://www.oricon.co.jp/news/88315/full/

実際にお付き合いしていたかどうかは分かりませんが、可能性はあるのかもしれませんね。

 

RIKACOと渡部篤郎の結婚までの馴れ初め

渡部篤郎のプロフィール

https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_3629603/   
本名渡部篤(わたべあつし)
生年月日1968年5月5日(52歳)
出身地東京都
職業俳優
身長180cm
血液型A型
事務所スターダストプロモーション
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/渡部篤郎
https://www.pinterest.jp/pin/860187597557479864/

高校を中退し、アルバイト生活をしていた時期に“エキストラ”として出演した事がきっかけで、演技の世界を目指すようになった渡部篤郎さん。

その後、俳優の故・丹波哲郎さんが運営していた演劇学校『丹波道場』に所属。
初めは大河ドラマの“足軽役”などで、出演クレジットには名前が掲載されない小さい役をしていたそうです。

徐々に渡部篤郎さんは演技に磨きをかけ、1991年にドラマ『青春の門』で初主演を果たしました。

1995年には映画『静かな生活』で障害者の息子役を演じ高い評価を受け、日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞しています。

そして現在まで、演技力派俳優として様々なドラマや映画に出演。
2008年には、映画『コトバのない冬』で監督デビューを果たしています。

https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8241863

ドラマ『月曜ドラマ・イン 湘南女子寮物語』で共演したRIKACOさんと渡部篤郎さん。
当時RIKACOさんには彼氏がいたそうですが、上手くいっておらず一旦距離を置いていた時期だったとか。

ドラマの打ち上げで渡部篤郎さんに口説かれ意気投合したお2人は、すぐに交際が始まりました。
そして付き合って1週間後には同棲し、出会いから8ヵ月の“スピード婚”でした。

https://mens-modern.jp/38928

当時無名に近かった俳優・渡部篤郎さんと、モデルとして年収1億とも言われていたRIKACOさんとの結婚は“格差婚”だと話題になったそうです。

1994年11月には長男・樹(みき)さん、1999年3月には次男・蓮(れん)さんが誕生しています。

しかし、2005年12月に突然の離婚を発表しました。

次のページで、RIKACOさんと渡部篤郎さんの離婚理由についてまとめています。

 

RIKACOと渡部篤郎の離婚理由