本橋麻里選手が平昌五輪のカーリングで銅メダルを獲得し、話題となっています。

本橋麻里選手が勘違いと批判される理由や結婚した夫と子供の存在、LS北見を設立して獲得した感動の銅メダルのエピソードなどについてまとめてみました!

TOP画像引用元:https://cocoa-march.com/3593.html

本橋麻里のプロフィール

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/13/gazo/20170712s00039000503000p.html
本名本橋麻里(もとはしまり)
生年月日1986年6月10日(32歳)
出身地北海道北見市
職業カーリング選手
チームロコ・ソラーレ
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/本橋麻里

本橋麻里選手は北海道北見市出身のカーリング選手で、平昌五輪日本代表のLS北見を設立した人物。19歳のときにトリノオリンピックに出場して以来、バンクーバーと合わせて3度のオリンピック出場を経験しています。

スポーツ選手でありながら美しい外見にも注目が集まっている人物で、『マリリン』の愛称でも親しまれている人物です。


 

本橋麻里の戦績

https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E6%A9%8B%E9%BA%BB%E9%87%8C
2000年 常呂町ジュニアカーリング選手権大会優勝

2002年 日本ジュニアカーリング選手権大会優勝、世界ジュニアカーリング選手権

2003年 パシフィックカーリング選手権大会優勝

2004年 日本カーリング選手権3位、世界カーリング女子選手権大会7位

2005年 日本カーリング選手権2位、世界女子カーリング選手権9位

2006年 トリノ冬季オリンピック7位入賞

2006年 日本カーリング選手権優勝、パシフィックカーリング選手権3位

2007年 冬季ユニバーシアードトリノ大会カーリング競技3位、日本カーリング選手権優勝、世界女子カーリング選手権大会8位、パシフィックカーリング選手権2位

2008年 日本カーリング選手権優勝、軽井沢国際カーリング選手権大会2位、世界女子カーリング選手権4位

2010年 バンクーバー冬季オリンピック8位入賞、世界女子カーリング選手権11位

2018年 平昌オリンピック3位 銅メダル獲得

 

本橋麻里が平昌五輪カーリングで銅メダル

https://mainichi.jp/graphs/20170218/hpj/00m/050/005000g/2
 平昌冬季五輪は大会第16日の24日、江陵カーリングセンターでカーリング女子の3位決定戦を行い、日本代表「LS北見」が5-3で英国を破り、史上初となる銅メダルを獲得した。

 第6エンドを後攻でスタートした日本は第6、7の両エンドをブランク(無得点)エンドとし、後攻のまま迎えた第8エンドに1点奪い同点。続く第9エンドも、英国のミスショットで日本が1点を獲得し4-3と逆転。第10エンド、英国の最終ストーンに弾かれた日本のストーンがナンバー1となり5-3で日本が勝利した。

http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180224/pye1802240062-n1.html

2018年2月24日、平昌五輪のカーリング女子で日本代表(LS北見)が、イギリスとの大激戦となった3位決定戦に勝利して見事に銅メダルを獲得しました。

本橋麻里選手にとっては8年ぶり・3度目のオリンピック出場で悲願のメダル獲得となり、メダルが決まった瞬間は、本橋麻里選手も目に涙を浮かべながら仲間たちと喜びを分かち合っていました。

2018年には32歳を迎える本橋麻里選手。可愛いとそのルックスにも注目されていたカーリング女子の中でも随一の美しさを持つ本橋麻里選手は既に結婚しているそうですが、旦那さんはどんな人物なのでしょうか。


 

本橋麻里の夫や子供は?

https://blog.goo.ne.jp/marimotohashi

本橋麻里選手の夫は一般人の方だそう。一般人であることから顔画像を含め夫に関する詳しい情報は全く出回っていないようでした。

本橋麻里選手と夫は2012年に結婚しているそうで、夫はカーリングとは関係のない人物なのだそう。 さらに、本橋麻里選手は夫との間に息子を授かっており、2015年に出産を経験しているそうです。

以前は中心選手として活躍していた本橋麻里選手。ママになった本橋麻里選手は、ブランクがあることや年齢、チームのバランスを総合的に判断して控え選手としてLS北見では活躍しているようです。

控え選手とはいってもその経験やどこのポジションでもこなすユーティリティ性で、チームの影の司令塔としての役割を担っている本橋麻里選手。今回のオリンピックでも本橋麻里選手は控え選手でありながらチームを支え、牽引した存在と言えるのではないでしょうか。


 

本橋麻里が勘違いと言われている理由は?