三浦瑠麗の性犯罪の内容

https://yularihappysmile.com/blog-entry-9605.html

事件が起こったのは、三浦瑠麗さんがまだ14歳で当時中学3年生の時でした。
学校の帰り道、後ろから寄ってきた車(バン)の男達に声をかけられたそうです。

そこから先はほとんど覚えていないんだとか。ただ恐怖や痛みといった感覚だけだったそうです。

事件後は、新幹線の高架下に放り出され一人で自宅に帰りました。
家に帰ってすぐに顔や手を洗い、下腹部の痛みは凄く出血していたそうです。

三浦瑠麗さんは、母親にも相談できず誰にも言えなかった為、警察にも通報できませんでした。

 

三浦瑠麗の性犯罪の犯人は逮捕されていない?

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0711/

三浦瑠麗さんは警察に通報できなかった為、事件になっていない事から犯人も逮捕されていません。

犯人ですが、自伝本によると『顔見知り』の男性が一人いたとか。
被害を加えたのは複数人ですが、その内の一人は“知っている顔”だったそうです。

事件後、身体的にも精神的にも大きなショックを受けた三浦瑠麗さん。
死にたいという気持ちと殺されたくなかったという気持ちの“矛盾”に悩んでいた事で、急に意識が無くなったりするなど『精神的』な症状があったそうです。

https://book.asahi.com/article/12545150
暴行事件は最大限の身体的・心的侵害が降りかかった出来事でした。
それ自体が大きなショックであっただけでなく、死がまざまざと近寄った感覚がありました。
その時の私が何を思ったか。世の中には想像を絶する悪が存在するんだということ。
自分はそれとは一線を画しておきたい、そういうものに決して交わりたくない、と感じました。
いますぐそこから逃れるために死ぬべきだ、と感じました。
自分の中でぷつっと音が聞こえて、自然に死ねるのではないかと思ったのです。
しかし、そうはならなかった。そして、自分自身もやはり殺されたくはなかった。
その矛盾に悩み、その後、高校時代にはよく急に倒れたり、意識がなくなったりすることがありました。
今振り返れば、原因は精神的なものだったと思います。より直接的な自殺願望もありました。

https://book.asahi.com/article/12545150

本当に許しがたい事ですし、その苦悩がどれほどのものなのか本人でないと分かりません。

ましてや、まだ14歳で誰にも相談できなかったという事、ずっと一人で抱えていた事は本当に辛かったと思います。

世の中には、同じように誰にも言えず苦しんでいる方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

近年では親の虐待で亡くなる事件も多発していますが、子供が安心して暮らせる世の中になってほしいです。

 

Twitterの反応

 

まとめ

今回は国際政治学者・三浦瑠麗さんの性犯罪の内容や犯人、夫や子供などについてまとめてみました。

過去の辛い経験を乗り越えて、夫・三浦清志さんや娘さんと一緒に幸せな家庭を築いていらっしゃる三浦瑠麗さん。

容姿端麗でファンも多い三浦瑠麗さんには、今後も活躍してほしいですね。

【最新版】絶対外さないマッチングアプリ決定版!Jメールの口コミ・評判まとめ
サクラなし!出会いで悩む男女に勧めたいマッチングアプリ『ワクワクメール』が凄い理由とは?
【神アプリ】おすすめ出会い系ランキング3選
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ