カンニング竹山の相方の死因について

https://matome.naver.jp/odai/2140282283962671901

カンニング竹山さんの相方・中島忠幸さんは、35歳の若さでお亡くなりになってしまいました。
その死因について気になる方も多いようです。

カンニング竹山さんの相方の中島忠幸さんは2004年12月に大病を患い、長期の活動休止となりました。

その病名は水泳の池江璃花子さんと同じ「白血病」。

詳しくは急性リンパ球性白血病というものになってしまったそうです。
その白血病のせいで長期休養を余儀なくされ、入院していたのだとか。

一時復帰するという話がありましたが、その話は流れ、そのまま帰らぬ人になってしまいました。

死因は白血病が原因で起こった合併症のウイルス性肺炎で亡くなったのだとか。

白血病は血液のガンと言われ、1万人に1人の確率で発症するそうです。
しかし、決して治らない病気ではなく、早期発見であればより高い確率で治ると言われています。

池江璃花子選手も白血病になってしまいましたが、早期発見のため治る確率は高いとのコメントもあるようです。
カンニング竹山さんの相方さんは残念な結果になってしまいましたが、合併症には気をつけ、来年のオリンピックで元気な姿が見れたらいいですね。

 

Twitterの反応

 

まとめ

カンニング竹山さんの池江璃花子選手に対するツイートに色々なコメントは出ているようですが、池江璃花子選手には本当によくなってほしいですね。無事に完治し、東京オリンピックの大舞台で、元気な姿が見られることを願っています。

【最新版】絶対外さないマッチングアプリ決定版!Jメールの口コミ・評判まとめ
サクラなし!出会いで悩む男女に勧めたいマッチングアプリ『ワクワクメール』が凄い理由とは?
【神アプリ】おすすめ出会い系ランキング3選
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ