歯に衣着せぬコメントや元気あふれる姿で、関西のローカル番組での活躍というポジションながら、全国区の知名度を誇る上沼恵美子さん。
どんな話題にも鋭く切り込む才能の持ち主である上沼恵美子さんの旦那について、画像や職業と一緒にまとめてみました!

https://grapee.jp/460627

上沼恵美子のプロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000085-dal-ent
名前(愛称・本名)上沼恵美子
生年月日1955年4月13日(63歳)
出身地兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)
職業ローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ
事務所上沼事務所所属
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/上沼恵美子

大阪キー局の番組では姿を見ない日がないほどの大活躍ぶりを見せ、出演時には必ず高視聴率を記録する存在として君臨する上沼恵美子さん。
「西の女帝」という異名を持ち、幼少時には数々の「ちびっこのど自慢大会」で好成績を出し「のど自慢荒らし」とも呼ばれていました。

ローカルタレントという立場を守りながらも、1994年には「第45回NHK紅白歌合戦」で紅組の司会に抜擢されたことも。
2013年9月以降のレギュラー出演番組が全て司会者として立つ冠番組という、押しも押されもせぬ大物芸能人です。

 

上沼恵美子の経歴や生い立ちについて

https://www.discogs.com/

幼少期から歌手を目指していたものの、中学校を卒業する1971年に相方に逃げられた姉と姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」として芸能界デビューした上沼恵美子さん。
なりゆきのコンビ結成ながら、デビュー年に「上方お笑い大賞銀賞」を受賞するという快挙を成し遂げました。

まだ高校生ながら、持って生まれたトーク力で一気に「漫才界の白雪姫」と呼ばれ大ブレイクしながらも、1977年に周囲の反対を押し切って結婚し、芸能界を引退。
出産を経て「専業主婦は耐えられない」と1978年に芸能界復帰を果たすと、バラエティ番組を中心に絶大な人気を確立していきました。

 

上沼恵美子の旦那の浮気疑惑

http://alice36.com/?p=8089

人生の早い段階で結婚という道を選び、当初は芸能界を引退するほど尽くすタイプだった上沼恵美子さん。
夫は演出家、プロデューサーであり、関西テレビで常務取締役や制作局長、関西テレビの完全子会社の代表取締役会長も務めていた上沼真平さんです。

かなりの亭主関白という上沼真平さんは非常に真面目で「関西テレビのドン」ともいえる権力者にも関わらず、浮気経験や報道はゼロ。
2人はおしどり夫婦として評判でしたが、そんな旦那さんに尽くし続けていた上沼恵美子さんが精神的に疲弊してゆく事態が訪れました。

 

上沼恵美子が旦那と別居

https://www.news-postseven.com/archives/20180725_726862.html?PAGE=2

それまでにも上沼真平さんと「仕事をして良い範囲は西は姫路、東は京都まで」という約束をしていた上沼恵美子さんは、多忙なタレント業の傍ら2人息子の育児を含む主婦業も完璧にこなしていたそう。
しかし2008年に関西テレビの関連会社社長に就任した上沼真平さんが突然定年退職すると、上沼恵美子さんの生活に「旦那の面倒を見る」という要素がプラスされてしまいました。

上沼恵美子さんの母の死や震災時にも、妻を労わる素振りすらない旦那さんの姿に、夫婦間の亀裂が決定的に。
怒りが頂点に達した上沼恵美子さんの申し出で別居となり、上沼真平さんは上沼恵美子さん名義のマンションで暮らしていると言われています。

 

上沼恵美子が発症した「夫源病」とは