登録者数100万人の目標未達成ならば芸能界を引退?!

梶原雄太さんは、2018年10月1日からYouTuberとして活動を始めています。

「カジサック」という芸名で、YouTubeチャンネル「カジサックの部屋」を開設しました。一番の話題を呼んだのは「公約」だそう。

「2019年12月末までに登録者数100万人達成しなかったら芸人引退」と宣言。芸能界引退=キングコングの解散も意味するとか。開設当初は批判的なコメントもあったようですが、2019年1月現在で約63万人の登録者数を突破しています。

内容的には体を張った企画や他の芸人さんとのコラボ、奥さんや子供なども出演しているとか。このままいけば登録者数100万人を達成するのではないか、と言われているようですね。

 

Twitterの反応

 

まとめ

今回は梶原雄太さんの干された理由や現在の活動についてまとめてみました。

メディアからは離れているものの「YouTuber」として飛躍しています。

現在「公衆便所」発言が騒がれていますが、芸人・梶原雄太さんを応援しているファンの為にも、100万人の目標を突破して頑張ってほしいですね。

【神アプリ】おすすめ出会い系ランキング3選
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ