去年の6月に東名高速で起きたあおり運転事故をめぐり、「容疑者の父親」などのデマがネット上に流れた問題で、警察が関与した11人を特定したことが明らかになりました。

この記事では事故内容や拡散されたデマについてまとめていきます。

TOP画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180330-00000119-jnn-soci

 

東名高速事故の「容疑者の父親」とデマを拡散した11人特定、立件へ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180330-00000119-jnn-soci
去年、東名高速で起きたあおり運転事故をめぐり、「容疑者の父親」などとのデマがネット上に流れた問題で、警察が拡散に関与したとみられる11人を特定したことがわかりました。

事件をめぐり、被告とは全く関係のない北九州市の石橋建設工業の男性社長について、「石橋被告の父親だ」といううその情報がインターネットで拡散され、
嫌がらせの電話が殺到した事務所は一時閉鎖。

警察は去年12月、名誉毀損容疑で捜査に着手し、30日までにデマの拡散に関与した疑いのある11人を特定したということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180330-00000119-jnn-soci

苗字が同じと言うだけで無関係の人間を晒し上げ、嫌がらせを行なうのはかなり行き過ぎた行動ですね…

ネットでの炎上や暴走は最近よく聞く話ですが、信ぴょう性の無い情報が出回ってしまうのは非常に深刻な問題でしょう。

 

東名夫婦死亡事故とは?

http://www.sankei.com/premium/news/171023/prm1710230004-n1.html
2017年6月5日午後9時半ごろ。萩山友香さん(39)=静岡市清水区=が運転するワゴン車が、神奈川県中井町の「中井パーキングエリア(PA)」から出ようとしていた。
駐車スペースからはみ出して止まっていた乗用車に、ワゴン車の後部座席にいた夫の嘉久さん(45)が「邪魔だ」と注意。
悪夢はここから始まってしまった。

石橋容疑者は嘉久さんの一言に激高。
ワゴン車を追走してすぐに追い抜くと、車線変更を繰り返した。
妨害走行は約1分間、距離にして約1・4キロにわたって続き、友香さんはやむなく追い越し車線上で停車。

石橋容疑者は九州なまりの言葉ですごみ、ワゴン車内に身を乗り出して嘉久さんの胸ぐらをつかんだ。
嘉久さんは「すいません」と謝ったが手を緩めず、車外に引きずり出そうとした。
友香さんが運転席を降りて2人のそばに駆け寄った直後、後方からトラックが突っ込んだ。

ワゴン車は追突の衝撃で前方の石橋容疑者の乗用車も巻き込み、中央分離帯にぶつかった。
外にいた友香さんは全身を強く打って死亡。車内にいた嘉久さんも外に投げ出されて亡くなった。
車内には高校1年の長女と小学6年の次女もいたが、いずれも軽傷。
石橋容疑者と知人女性は腰の骨を折るなどの重傷だった。

http://www.sankei.com/premium/news/171023/prm1710230004-n1.html

事故からそろそろ一年が経とうとしていますが、酷い事故内容にご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。

今回、この事故の容疑者である石橋 和歩(いしばし かずほ)容疑者の父親について、デマが拡散してしまったようです。

 

「石橋被告の父親だ」とあげられた人物は?