ネガティブネタでブレイクしたことで知られるお笑い芸人のヒロシさんですが、最近はあまりテレビでの露出が目立っていませんよね。
現在もお馴染みの自虐ネタで活動しているようですが、いったいどのような生活を送っているのでしょうか。
そこで、ここではヒロシさんの現在の年収や結婚観などについての情報をご紹介します。

http://www.shaveoffmind.com/hiroshi/

ヒロシ(芸人)のプロフィール

http://www.jprime.jp/articles/-/5252
名前(本名)齊藤健一
生年月日1972年1月23日(46歳)
熊本県荒尾市テキスト
職業お笑いタレント
事務所ヒロシ・コーポレーション
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/ヒロシ

ヒロシさんの本名である健一という名前は、炭鉱マンだった父が「健康第一」という願いを込めてつけた名前と言われています。
漫才ブーム真っ只中だった小学校の頃にツービートに憧れて芸人という職業に興味を持ったことがきっかけとなり、次第にそれが将来の夢になっていったそうです。

 

ヒロシ(芸人)の経歴や生い立ちについて

https://matome.naver.jp/odai/2141273248526657901/2141274379440641003

熊本県荒尾市で生まれたヒロシさんは、小学校の頃なんばグランド花月で初めて生のお笑いライブを観た際に、女性から非常に人気があったまだ全国区になる前のダウンタウンを見て、お笑いで頑張ればモテるのではないかと思い、衝撃を受けたそうです。

九州産業大学を卒業後、就職活動がうまくいかず吉本興業が主催するお笑いオーディション番組に応募し、不合格だったものの、芸人として福岡吉本に所属することになりました。

しかし目立った活躍をすることはなく、26歳のときに福岡吉本をやめ、上京。
その後29歳から31歳までのホスト生活を経て、サンミュージックプロダクションに所属し、「エンタの神様」で初の全国区の番組に出演、その後2004年に「笑いの金メダル」に出演したことによりネガティブネタがブレイクしました。

 

ヒロシ(芸人)のブレイク当時

http://www.kaigogoyoukiki.net/tanakaigo/?p=961

一発屋芸人として知られるヒロシさんですが、ブレイク当時には「ヒロシです・・・」という自虐ネタで一世を風靡しました。
ホストのような髪型で、スーツを身にまとい、ポケットに手を突っ込んだ姿は非常に印象的ですよね。
ある番組で当時の最高月収が4000万だったことを打ち明け、話題となりました。

 

ヒロシ(芸人)は結婚している?

http://e-tsuribito.blogo.jp/tag/ヒロシ

ヒロシさんは40代半ばにして現在も独身を貫いています。
その理由として、「結婚は相手に期待することであり、自分にはそれができない」と語っていることから、今後も当分は結婚はしないのではないかと言われています。
ブレイク当時はイケメンとも言われていたこともあるので、いまだ独身を貫いているとなると意外ですね。

 

ヒロシ(芸人)の現在