人気ユーチューバーのヒカキンさんのTwitterに送られた殺害予告に対するヒカキンさんの対応が「神対応」 だと話題になっているようです。その内容とはどのような者だったのでしょうか?ヒカキンさんの年収や韓国人の噂の真相と共にまとめましたので御覧ください。



TOP画像引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14365518/

ヒカキン(HIKAKIN)のプロフィール

http://toyokeizai.net/articles/-/188001

  
本名開發光(かいはつひかる)
生年月日1989年4月21日(29歳)
出身地新潟県妙高市
職業YouTuber、ヒューマンビートボクサー、UUUMファウンダー・最高顧問
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/HIKAKIN

 

ヒカキン(HIKAKIN)の経歴

ヒカキン(HIKAKIN)さんは1989年4月21日に新潟県妙高市で次男として誕生しました。
現在も行なっているヒューマンビートボックスに小学生の頃に興味を持ったんだそうです。

高校に進学してからは路上ライブなどを行ないながら2006年12月にYouTubeにて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設したんだとか。
最初は海外のビートボクサーの動画を閲覧する目的で始めたそうですが、自分で投稿すれば逆に見てもらえるのではと思い動画投稿を始めたんだそうです。

高校卒業してからは東京に活動拠点を移し、スーパーマーケットの店員の仕事をしながら生計を立てていました。
ユーチューバーとしては浴室や自室などで安いマイクを使って動画を撮影し、月1・2本ずつ動画をアップロードしていたそうです。
当時日本ではYouTube自体あまり知られておらず、殆どが海外からの閲覧だったのだとか。
2010年にはアップロードした動画「Super Mario Beatbox」がYouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録し、アメリカ合衆国のニュースで取り上げられました。

2012年にはスーパーの仕事を退職し、ユーチューバーとして本腰を入れて生活するようになり、2013年5月のシンガポール滞在中ではエアロスミスと共演をしたそうです。
同年6月にはYouTuberの事務所「UUUM」の設立と共に同社のファウンダー、最高顧問に就任しました。

現在はYouTubeにて4つのチャンネルを保有しており、全チャンネルの合計登録者は1070万人以上で合計再生回数は約60億回突破したんだそうです。

 

ヒカキンに殺害予告が来るも神対応で賞賛

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000006-jct-ent.view-000

 

報道内容

人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんが、自身のツイッターに「殺害予告」が送られてきたとして、「僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容なので、気をつけて下さい」などと注意した。

 自らに「殺害予告」をしたユーザーを優しく諭すようなHIKAKINさんの対応に、インターネット上では、「マジで神対応」「やはり聖人」といった称賛の声が相次いでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000006-jct-ent

 

Twitterでのやり取り



殺害予告に関してはすぐに消されていたらしく見つける事が出来ませんでした。

 

Twitterの反応

 

ヒカキンの年収や韓国人の噂について