早見あかりが脱退理由を告白

https://pinky-media.jp/I0008777
そもそも早見はどういう理由でももクロ脱退という道を選んだのだろうか。早見あかり初の写真集『Twenteen』(SDP/撮影・木寺紀雄)では、自身の言葉で当時の心境を振り返っている。

「ももクロに入ってから常々感じていた違和感があった。楽しいけれど、自分には可愛く歌って踊るアイドルが向いていないと思う矛盾。偽りの笑顔。5人のひたむきな姿。あのまま、ももクロのあかりんを演じることも出来たのかもしれない。けれど5人の本気で夢に向かう姿を見ていたら、ファンの方の本気で応援してくれている姿を見ていたら、自分だけ嘘をついてこのまま一緒に頑張っていくことは失礼なことだと思うようになった」(同書より)

http://news.livedoor.com/article/detail/10089189/

早見あかりさんの脱退理由は、自分にアイドルが向いていないと感じていたからだそう。ももいろクローバーZとして活動していた時代を振り返り、自身の写真集で上記のようにコメントをしていました。

アイドル戦国時代と言われる現代において、アイドル同士の競争は避けては通れない道。競争が苦手な早見あかりさんがももいろクローバーZの一員としてその競争の場に身を置くことは、早見あかりさん自身にとっても、ももいろクローバーZにとっても良くないと判断した上での決断だったようです。


 

早見あかりの暗黒日記とは?

http://official.stardust.co.jp/akari/profile/index.html
 女優の早見あかりが、アイドル時代の暗黒ぶりをカミングアウトした。3月14日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にて早見は、8年前から書き続けている日記を公開。その内容に「ももいろクローバー」在籍時から彼女を応援していたファンが「壮大な闇を見た」と恐れおののいているようだ。

 アイドル誌のライターが耳打ちする。

「早見が明かした09年5月の日記には『いそがしかったー。体中いたいー』『つかれた』『もういや』と、中3だった彼女が発するSOSが書き連ねられていました。当時のももクロはメジャーデビュー前で、過酷なインディーズアイドルの生活に体がついていかなかったのかもしれません。その後にブレイクしたからいいものの、ももクロがインディーズのまま終わっていたら、黒歴史として早見の経歴から抹消されていたかもしれませんね」

http://www.asagei.com/excerpt/77329

早見あかりさんがももいろクローバーZを脱退後、暗黒日記の存在を認め、その内容を公開しています。

早見あかりさんの暗黒日記の存在そのものは、ももいろクローバーZ在籍時からファンの間で話題となっていたもの。早見あかりさんの女優としての現在の活躍の影には、ももいろクローバーZでのつらい経験が隠れているのかもしれません。


 

Twitterの反応


 

まとめ

ももいろクローバーZの有安杏果さんの卒業と引退の発表で、早見あかりさんの卒業理由が話題となっていました。

早見あかりさんと同様に、有安杏果さんにとってもももいろクローバーZでの経験はかけがえのないものだったことでしょう。早見あかりさんと有安杏果さん、ももいろクローバーZのメンバーの今後の活躍に期待したいところです。

田中みな実がananで披露した「未公開」肘ブラヌード画像が公開されてしまう・・・
Kカップ人妻コスプレイヤー御伽ねこむの現在www 藤島康介の裁判沙汰がクズ過ぎるとネット上で話題に!まとめ