ディーンフジオカさんといえば、NHKの朝ドラ「あさが来た」でブレイクを果たした俳優さんです。
この度ディーンフジオカさんが連ドラ単独初出演を果たすということで話題となっておりました。

今回はディーンフジオカさんの連ドラ初出演のことや家庭のこと、タトゥーのことなどについて調べてみました。

https://otocoto.jp/interview/hagaren06/

ディーンフジオカのプロフィール

https://www.cinematoday.jp/news/N0098348い
本名藤岡 竜雄(ふじおか たつお)
生年月日1980年8月19日(38歳)
出身地福島県
職業俳優、ミュージシャン、モデル、映画監督
事務所アミューズ
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/ディーンフジオカ

ディーンフジオカさんは、本名を藤岡竜雄(ふじおかたつお)さんと言い、ディーン・フジタツの愛称で呼ばれています。

1980年8月19日に福島県須賀川市で生まれて、千葉県鎌ケ谷市で育ちます。
千葉県立船橋高等学校を卒業し、アメリカシアトルのIT専門のコミュニティ・カレッジを卒業されています。父・母・妹・弟がいます。

 

ディーンフジオカのデビューや経歴について

https://eigaland.com/topics/?p=68398

ディーンフジオカさんは、17歳の時に「藤岡竜雄」の本名で第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場しています。

ファイナリストまで残りますが、この後海外へ出ており、台湾に拠点を移した後は、ドラマ、映画等に出演して、日本のみならず、アジア圏に至るまで広範囲に渡り、活躍しています。

 

ディーンフジオカが連ドラ単独初主演!

https://otoku-seikatu.net/monte-cristohaku-arasuji-cast/
俳優のディーン・フジオカさんが主演する連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐(ふくしゅう)-」(フジテレビ系、木曜午後10時)が19日からスタートする。

ドラマは、「巌窟王(がんくつおう)」としても知られる、アレクサンドル・デュマの名作「モンテ・クリスト伯」が原作で、現代の日本を舞台にして描かれる。フジオカさん演じる漁師の柴門暖が、冤罪(えんざい)で15年間投獄され、最愛の婚約者と未来の家族を奪われながらも何とかはい上がり、“復讐の鬼”と化して自らを陥れた人間たちに緻密なわなを仕掛け、制裁を下していく……という復讐劇だ。

https://mainichi.jp/articles/20180417/dyo/00m/200/027000c

ディーンフジオカさんが、フジテレビ系で4月期ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」に」出演することが決定しました。

連ドラ単独初出演となるディーンフジオカさんは、「光栄な思いと同時にプレッシャーも感じました」と意気込みを語っています。

 

ディーンフジオカにはタトゥーがある?

http://xn--zckm2a3fua4b7dudw252dtma.com/2436.html

ディーンフジオカさんの右腕にはタトゥーが入っています。

ディーンフジオカさんは、留学経験が豊富でアルチリンガルでもありますので、タトゥー文化に触れる機会が多く、それほど気にせずに右腕に入れたのではないかと推測します。

 

ディーンフジオカの嫁や子供