軽快なツッコミと独特な喋りで男性ファンも多い千原ジュニアさん。

千原ジュニアさんは、2001年にオートバイ事故を起こし、大ケガをした事が話題になりました。
一時は生死をさまよう程のケガでしたが、「事故前と事故後の顔が変わった」と一部ネット上で噂されているようです。

また、事故前の画像を見た方からは「怖すぎ」「韓国人っぽい」という声があります。

今回は、そんな千原ジュニアさんの事故の詳細や顔画像などについてまとめてみました。

https://jisin.jp/entertainment/interview/1674694/

千原ジュニアのプロフィール

https://thetv.jp/news/detail/120161/   
本名千原浩史(ちはらこうじ)
生年月日1974年3月30日(46歳)
出身地京都府
職業お笑いタレント・司会者・CM監督・執筆
身長180cm
血液型O型
事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/千原ジュニア

 

千原ジュニアの生い立ちや経歴

https://girlschannel.net/topics/9892/

千原ジュニアさんは小学生の時から『ガキ大将』で、友達の親が「一緒に遊んだらダメ」と言っているのを聞いた事もあるそうです。

そんな周りを見返す為、猛勉強をして私立の中高一貫校『京都共栄学園中学校』を受験し見事合格。
ですが、進学校の雰囲気に馴染めず“登校拒否”になってしまいました。

そして高校を中退した千原ジュニアさんは、兄・千原せいじさんに誘われて“お笑いの道”に進んだそうです。

http://dailynewsonline.jp/article/1018587/

その後、NSC8期生として吉本興業に所属。デビュー当時は本名で活動していましたが、2005年『千原ジュニア』に改名しました。

また、若手時代は鋭い目つきと強気な言動が目立っており、周囲から“ジャックナイフ”と呼ばれていたとか。

現在では、MCや俳優などマルチに活躍されています。

 

千原ジュニアのバイク事故の詳細

https://todayssp.universal.jp/today/?p=1633
バイクを走行中に事故を起こしたジュニア。
その時の状況について、
「バイクに乗ってたら、停まってた車が動き出したんですよ」
と語り、
「よけようと思って石柱に顔面からいった」
と明かした。

入院後は、意識不明のままICU(集中治療室)で1週間程度生活。
回復後、マネージャーから
「2年間は治療に専念しましょう」と言われたため、
「2年?長すぎるやろ?」と思っていたが、
手鏡で自分の顔を初めて見たときに
「これ、2年でも足りんやろ」と驚いたという。
顔の状態としては
「ぐっちゃぐちゃ」だったといい、
「アゴ割れて、眼窩底(骨折)で目が垂れ下がって……」
などと説明した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15173706/

大ケガを負った千原ジュニアさんのバイク事故。
2001年3月26日に帰路を急いでいた千原ジュニアさんは“タクシー”と衝突しそうになったとか。

ハンドルを切って避けた時、猛スピードのままガードレールに激突してしまいました。

事故前日はフルフェイスのヘルメットをしていたそうですが、事故当日から『半キャップ』のヘルメットを着用。
その為、石柱に顔面を激しく打ち付けられたようです。

鼻や顎など顔全体を骨折し、更におでこの神経を切ってしまいました。眼球も下がっていたそうで、この事故の凄まじさが分かります。

事故後は『後遺症』にも悩まされていましたが、2014年8月に手術を受けており克服しました。

 

千原ジュニアのバイク事故後(現在)の顔画像

https://www.msn.com/

壮絶なバイク事故に遭った千原ジュニアさん。一時期は“芸人を辞めよう”と思っていたそうですが、家族や芸人仲間から励まされ『形成手術』を受けました。

折れてしまった骨の代わりに“チタン”を12枚入れる手術をしています。

また、事故で左目だけが“二重”になった為、右目も合わせる形で“二重”にしたそうです。そして事故から約半年後に仕事復帰を果たしました。

事故後、目元が『二重』になった事で「表情が柔らかくなった」と言われた千原ジュニアさん。

ですが、その反動なのか『事故前』の顔画像について噂が流れています。

 

千原ジュニアの事故前画像が怖すぎ?