週刊少年ジャンプの2017年31号(7月3日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「想いよ届け ~物理的には届かない~(おもいよ・とどけ・ぶつりてきには・とどかない)」です。

 作者の仁科翔(にしな・しょう)は、「想いよ届け ~物理的には届かない~」で“赤塚賞(2017年上半期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されていきなりのデビューとなりました。

http://mdb.way-nifty.com/bokunenjin/2017/06/post-9287.html

 

Twitterの反応






 

Twitterの返信欄が大喜利会場と化す








 

最後に

初見のインパクトが激しすぎる漫画でしたね。リプ欄にもありましたが、僕にもエヴァのマトリエルにしか見えなかった。 最近、週刊少年ジャンプの印刷部数も200万部を下回ったという話もありましたし、どんな形でも話題になることはいいことなのかもしれませんね。

【最新版】絶対外さないマッチングアプリ決定版!Jメールの口コミ・評判まとめ
サクラなし!出会いで悩む男女に勧めたいマッチングアプリ『ワクワクメール』が凄い理由とは?
【神アプリ】おすすめ出会い系ランキング3選
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ