金正恩氏が暗殺されてから半年以上が経過し、実行犯の2人の裁判がマレーシアで始まっているようです。さらに、裁判では毒物を吸引させたのは逃走した男なのではないかとも言われており、ますます事態は複雑化しているようです。今回は、金正男氏の暗殺について、暗殺時の動画や事件の真相についてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-7010.php

金正男のプロフィール

http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20170214/1056200/
本名金正男(キム・ジョンナム)
生年月日2017年2月13日(45歳没)
出身地北朝鮮、平壌
死没地マレーシア
親族金正恩(弟)
所属政党朝鮮労働党
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/金正男

北朝鮮の初代最高指導者・金日成の孫として生まれた金正男氏。スイス・ジュネーヴのインターナショナルスクールに留学歴があると言われている金正男氏は、モスクワや北京などで暮らした経験をもち、上海の経済発展ぶりを見て北朝鮮の改革開放を志していたそうです。


 

金正男が暗殺される

http://www.sankei.com/world/news/170218/wor1702180027-n1.html
今年2月、マレーシア・クアラルンプール国際空港で、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された。2人の女による、まるで映画のような毒殺に世界が衝撃を受け、現地にはマスコミが殺到した。

実行犯の女2人は逮捕されたが、首謀者とみられる工作員たちは北朝鮮へと逃れ、事件の真相は闇に包まれたまま――。

http://toyokeizai.net/articles/-/191748

2017年2月、北朝鮮の現最高指導者、金正恩氏の兄である金正男氏がマレーシアで暗殺されたとのニュースが世界中を駆け巡りました。実行犯とされる女2人は逮捕されましたが、暗殺を指示したとされる工作員たちは北朝鮮へ逃亡したと言われています。

未だに闇に包まれたままのその真相はいかなるものなのでしょうか。


 

金正男を暗殺した犯人は?

http://www.bbc.com/japanese/41466362
正男氏は2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で搭乗を待つ間に、猛毒の神経剤「VX」で殺害された。
国連が大量破壊兵器に分類するほどの猛毒を衆人環視の中で使った白昼堂々の犯行は、世界に衝撃を走らせた。正男氏は空港係員に異変を訴え、空港内の診療所に運ばれたが、数分後に死亡した。

ベトナム人のドアン・ティ・フォン(29)とインドネシア人のシティ・アイシャ(25)の両被告が、VXの入った液体を正男氏の顔にこすりつけたとされている。

一方の2人は、北朝鮮の工作員にだまされ、テレビ番組のためのいたずらだと思っていたと主張した。

http://www.bbc.com/japanese/41466362

この2人の女性、アイシャ被告とフオン被告が暗殺の実行犯とされている女性。この2人はすでに身柄を拘束され、裁判が行われています。

しかし、暗殺を実行したのは確かにこの2人のようですが、実はこの2人はドッキリのつもりで犯行を行なっていたとのこと。裏には彼女たちを騙した工作員の存在があったようです。


 

金正男の暗殺はドッキリの延長だった?

http://toyokeizai.net/articles/-/158714
「ナイトクラブで男性に声をかけられた。自分は日本人だと話していた」

日本人を装った北朝鮮工作員が声をかけたのは実行犯の1人、インドネシア出身のアイシャ被告だった。いたずら動画を撮影し、成功すればその都度、日本円で約1万円の報酬がもらえる。平均月収2万8000円のインドネシアでの生活から考えるとあまりにも「おいしい話」だった。

彼女は家族への仕送りの足しになればと、その誘いに乗ってしまったという。いたずら動画の撮影という名目で指示されたターゲットの顔に油や、ローションを塗り付ける……。いわば“暗殺”の予行演習が知らず知らずのうちに始まった。

はじめは、恐る恐る“いたずら”を行っていたアイシャ被告だが、回数を重ねるうちに、慣れていく。いたずらは人通りの多い、駅やショッピングモールで行われ、実際に金正男氏が襲撃された空港では7回も繰り返された。

http://toyokeizai.net/articles/-/191748?page=2

事前に犯行とよく似たいたずらをするドッキリをなんども繰り返していたことがわかっており、実行犯を油断させる周到な策略が組まれていたのではないかとの意見も出ているようです。

 

暗殺の瞬間をとらえた動画

この犯行時の動画にも写っていると言われる工作員が真犯人なのではないかとも言われています。


 

金正男暗殺の真相は?

http://bunshun.jp/articles/-/1430
調書によると、アイシャ被告は事件前「ターゲットは上品で太った金持ちの男性。会社で二番目に偉い人だ。」と、ターゲットの顔に液体を塗り付ける“いたずら”の指示を受け、500ドルの成功報酬を約束されたという。

アイシャ被告と結婚を約束していたという恋人が初めてメディアの取材に応じ、「彼女は嵌められた。事件前日(アイシャ被告の誕生日)嬉しそうに笑っていたのに、次の日に殺人ができるわけない」と語った。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/19459

事件の前日は実行犯であるアイシャ被告の誕生日であり、楽しそうに笑っていたという恋人の証言もあるため、実行犯は暗殺の計画を知らずに利用されただけだと考える人が多いようです。

権力闘争に破れマレーシアに亡命していたものの、依然として影響力が強いと言われていた金正男氏。そんな彼の影響力を警戒して、金正恩氏が工作員を送ったのではとの意見が強まっているようですが、真相は未だ不明のようです。


 

別の容疑者が毒物を投与していた可能性も?

http://ironna.jp/article/5818
金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで殺害された事件で、実行犯として殺人罪で起訴された女2人以外の容疑者らが正男氏に神経ガスを吸入させた可能性があることが分かった。
クアラルンプール(Kuala Lumpur)近郊の裁判所で始まった公判で、専門家が4日に証言した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13707240/

司法解剖を行なった病理学者の証言によると、正男氏が空港に到着する前に4人から毒物を投与されていた可能性がもあるとのこと。実行犯の罪状すら覆すこの証言に多くの人が驚きの声をあげているようです。


 

Twitterでの反応

 

 

まとめ

世界中から注目が集まった暗殺事件ですが、その真相は未だに明らかになっていないようですね。工作員とみられている男性はすでに国外に逃亡したとも言われており、真相が判明するにはかなり時間がかかりそうです。

【練馬区役所の闇】盗聴犯は内部職員?盗聴されているとTV局が指摘するも広報担当「盗聴器はありませんでした。」テレ朝スーパーJチャンネルが報道!ネット・2ちゃんねる反応まとめ