成りすまし

市川海老蔵が妻が亡くなった事を示唆するブログを投稿する5時間も前に、ツイッター上で唐澤貴洋弁護士の名前を騙り小林麻央の訃報をリークしているアカウント・人物が居るとネット上で話題になったようです。

この記事では名前を騙られた唐澤貴洋弁護士や、情報の流出元について詳しく調べまとめています。

TOP画像引用元:http://net-aegis.com/blog/319

 

小林麻央さん親戚なりすましツイート拡散 被害の法律事務所困惑


亡くなったことが23日にわかったフリーアナウンサー・小林麻央さんに関するショッキングなツイートが同日未明、突如出現した。

「私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう。最期まで笑顔を絶やさなかったようで。ご冥福をお祈りいたします。」(原文ママ)

 ツイッターに投稿されたのは23日午前2時50分で、投稿者名にはなんと弁護士名が記載されている。しかも所属する法律事務所の公式ツイッターを装うアカウントからの投稿だった。内容が内容だけに、この書き込みはまたたく間にネット拡散した。

 23日午前、その法律事務所に確認すると、投稿者とされた弁護士は確かに存在していた。だが「それはなりすましのアカウントによるツイートなので、当事務所とは一切関係ありません。

(麻央はその弁護士の)めいでもないですし…。朝から問い合わせがありますが、うちとは無関係」と投稿を否定した。

 同事務所は、ネットに関する法律問題に特化した法律事務所で、ホームページ(HP)には「風評被害・誹謗中傷などの名誉毀損対策(削除や発信者情報開示請求、権利侵害者に対する責任追及など)は弁護士にご相談ください」とある。そのHPも23日午前11時現在、閲覧できなくなっている。

 同事務所によると「今までもこうしたなりすましやいたずらがあまりに多いため、警察とは連絡を取っている」とのこと。

殺害予告や爆破予告があれば、警察から連絡は入る態勢にもなっているという。犯人像については「個人か複数か分かりませんが、前から同じ人が固執していたずらしている感じですが、見当もつきません」と困惑。投稿者とされた弁護士が、個人的に恨みを買うような覚えもないという。

 状況次第では、警察に被害届を出すことも検討しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000007-tospoweb-ent

 

小林麻央の叔父で唐澤貴洋弁護士のツイートが話題に

唐澤貴洋 成り済まし twitter.com
法律事務所クロス所属の唐澤貴洋弁護士を名乗る人物が、6月23日の深夜2:50分に小林麻央の死についてツイートしています。

このツイートの投稿時間は市川海老蔵が小林麻央が亡くなった事を示唆するブログを投稿する5時間も前であり、どこよりも早く小林麻央が亡くなったという情報をリークしている事になります。

該当ツイートに対し批判が殺到


などの批判の声が続出。

しかし同弁護士のツイッターアカウントの過去の発言を遡ると・・・。

このように、とても弁護士のツイートとは思えないような内容の発言が続々と出てきます。

この事から「法律事務所クロス所属の唐澤貴洋弁護士」を騙ったツイッターの成りすましアカウントではないか?と噂されるようになりました。

ハフィントンポストが法律事務所クロスへ事実確認をとる


事務所の広報担当者は取材に対し、アカウントは弁護士のものではないと答えた。話題となったツイートも、弁護士や事務所関係者によって投稿されたものではないという。

担当者はアカウントについて「第三者によるなりすましではないか」とした。これまでにも同様のいたずらは相次いでおり、すでに警察にも相談しているという。

小林麻央さんが弁護士の「姪」であるとしたツイートの内容についても、事実ではなく、一切の血縁関係はないと否定した。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/22/kobayashi-mao-lawye-tweet_n_17262476.html

該当事務所はツイッターアカウントは唐澤貴洋弁護士のものではないと回答し、成りすましアカウントである事が判明しました。

さてここで気になるのが、弁護士を騙った悪戯である事は分かったものの、なぜ小林麻央が死去したという情報をどこよりも早く成りすまし犯である第三者が掴んでいたのか?という点です。

 

法律事務所クロスが公式の声明を発表

法律事務所クロス https://cross-law.jp/
【重要】

当事務所又は当事務所所属の弁護士名を詐称する詐欺や悪戯行為にご注意下さい。

各種SNSサービスにおきまして、当事務所又は当事務所所属の弁護士を名乗り、なりすましによる投稿等がなされているとの情報が寄せられました。

それらのアカウントと当事務所又は当事務所所属の弁護士は一切関係がございませんので、十分にご注意ください。

なお、当事務所及び当事務所所属の弁護士への業務妨害については、第一東京弁護士会からも同会会長声明が出されております。

https://cross-law.jp/

 

小林麻央死去の情報をリークしたのは誰?