タレントぜんじろうさんが11日、自身のTwitterを更新。

爆笑問題太田光さんが、自身のツイートに激怒していることを報じたネット記事を貼りつけリツイートし、ユーザーから注目を集めているようです。

この記事ではぜんじろうさんや騒動の詳細についてまとめていきます。

TOP画像引用元:https://matome.naver.jp/

 

ぜんじろうのプロフィール

https://xn--98jxb5dua6581cp0kbh0h.com/archives/2509
名前金谷 善二郎(かなたに ぜんじろう)
生年月日1968年1月30日(52歳)
出身地兵庫県姫路市
職業お笑いタレント
身長170cm
事務所吉本興業
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/ぜんじろう

ぜんじろうさんは1992年の秋、関西ローカルのTV番組『テレビのツボ』の司会をしないかと突如話が持ち上がり、司会者として活動を開始したお笑い芸人です。

これが関西では爆発的な人気を誇り、明石家さんまさんにルックスが似ていることもあり「平成の明石家さんま」と言われるほどの人物でした。

全盛期のレギュラーは17本で、関西では知らない人が居ないほどの人物でしたが、残念ながら関東では彼のスタイルがあまり受け入れられず、そのまま静かに東京のテレビから消えていったという噂のあるタレントです。

 

ぜんじろうのツイートに太田光が反論

  https://matome-entame.info/2018/06/03/post-1336/  
ぜんじろうは、7日放送のTBS系「サンデージャポン」で太田光が自身を呼び捨てにしたことに
「後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラッとする不思議」などとツイート。

これに太田がラジオ番組で激怒。
「てめぇいつから俺の先輩になったんだ」「お前から太田君と呼ばれた記憶ないわ」
「頭でも打ったのか」などとまくしたてていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000056-dal-ent 

この騒動については多くのユーザーが注目し、「売れてないくせに」「あなたのほうが年下でしょ」といった厳しいコメントも殺到しています。

しかしその半面、「日本では日本の振る舞いをして当然だから腹が立つのが普通」、「太田さんが失礼だ」といったコメントも有り、賛否両論の状態です。

この件は落語家の立川志らくさんもツイートされていて、「彼の発言を非難するのは自由だが、売れてないくせになどは間違いだ」と持論を展開しています。

 

ぜんじろうの現在は?干された過去も?

  https://ojisan777.net/?p=6063