洋楽ロックバンドの人気ランキング10位:Linkin Park
https://open.spotify.com/artist/6XyY86QOPPrYVGvF9ch6wz
バンド名Linkin Park(リンキン・パーク)
活動期間1996年~
レーベルワーナー・ブラザース・レコード
代表曲ナム/フェイント/ワット・アイヴ・ダン/ブレイキング・ザ・ハビット
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/Linkin Park

Linkin Parkは2000年に「ハイブリッド・セオリー」でメジャーデビューを果たします。

名誉あるグラミー賞に6回ノミネート・2回受賞するなど「21世紀で最も売れたバンド」と言われています。

人気曲「Numb」のMVのYouTube再生数が10億回を超え、バンド初の快挙を成し遂げました。

 

洋楽ロックバンドの人気ランキング9位:Red Hot Chili Peppers
https://www.britannica.com/topic/Red-Hot-Chili-Peppers
バンド名Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
活動期間1983年~
レーベルワーナー・ミュージック・グループ
代表曲By The Way/ダニー・カリフォルニア/キャント・ストップ/バイ・ザ・ウェイ
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/Red Hot Chili Peppers

Red Hot Chili Peppersは、「Red Hot Chili Peppers」でメジャーデビューを果たします。

ファンクやパンクなどを合わせたバンドスタイルが有名で、アルバム「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」で人気を博しました。

ロックへ与えた影響を称える賞であるロックの殿堂を果たしています。

 

洋楽ロックバンドの人気ランキング8位:Maroon5
https://matome.naver.jp/odai/2143179073688418201/2143179126488707103
バンド名Maroon5(マルーン ファイヴ)
活動期間2001年~
レーベルインタースコープ・レコード
代表曲Memories/シュガー/ガールズ・ライク・ユー/ディス・ラヴ
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/Maroon5

Maroon5は、2001年に「ソングス・アバウト・ジェーン」でメジャーデビューを果たします。

トップ40チャートでは、グループで1位のシングルを9枚も記録しており、この記録は歴史の中でもMaroon5だけになります。

結婚式にサプライズ出演するMVが話題となった「Sugar」は、YouTube再生数30億回を超える世界的大ヒット曲となりました。

 

洋楽ロックバンドの人気ランキング7位:Green Day
https://www.rockhall.com/inductees/green-day
バンド名Green Day(グリーン デイ)
活動期間1987年~
レーベルワーナーミュージック・ジャパン
代表曲バスケット・ケース/21ガンズ/Father Of All.../マイノリティ
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/GreenDay

GreenDayは、1994年に「ドゥーキー」でメジャーデビューを果たします。

2006年、「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」でグラミー賞「最優秀レコード賞」を受賞。

この賞を獲得したパンクバンドは今までになく、GreenDayが初めての受賞となりました。

2020年3月に約8年ぶりとなる日本公演を開催することが発表されました。

 

洋楽ロックバンドの人気ランキング6位:Guns N' Roses
https://www.forbes.com/sites/markbeech/2015/12/30/guns-n-roses-reunion-chases-100-million-plus-to-start-with/#1eddd34f7c36
バンド名Guns N' Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)
活動期間1985年~
レーベルゲフィン・レコード
代表曲パラダイス・シティ/イッツ・ソー・イージー/Out ta Get Me/ユー・アー・クレイジー
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/Guns N' Roses

 

<代表曲>

パラダイス・シティ/イッツ・ソー・イージー/Out ta Get Me/ユー・アー・クレイジー

 

Guns N' Rosesは、1987年に「アペタイト・フォー・ディストラクション」でメジャーデビューを果たします。

1991年、アルバム「ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ・Ⅱ」を同時リリースし、
世界チャート1位・2位を獲得しました。

バンドメンバーの脱退が相次ぎ活動の停滞気味でしたが、2000年代頃から再び活発な活動を再開しました。

 

洋楽ロックバンドの人気ランキングTOP5位~1位