現在Twitter上で、走行税が導入されるという情報が話題となっています。
走行税の代わりにガソリン税を撤廃するといった内容のツイートもあるようですが、実は走行税の導入自体がデマであるとの噂も。

そこで、Twitterで話題の走行税の詳しい内容や、ソースについて調べてみました。

TOP画像引用元:https://lovely-lovely.net/business/

 

Twitterで走行税の検討が話題に!

https://kogusoku.com/
https://twitter.com/hashtag/

Twitter上で話題となっている走行税の内容とは、1キロ5円計算で走行税を検討しているというもの。
地方在住だと年間1万km走行する人もいるので、計算すると5円×10000km=5万円ということになります。

車を持たない人には関係ないと思いきや、中にはバス、タクシー、物流にも影響するとの意見も。
走行税には、反対する意見が多数寄せられています。

また、若者の車離れが問題視されている中での走行税の導入となると、「矛盾している」という印象を受けた人も少なくないようです。

しかし、走行税の代わりにガソリン税が撤廃するとの情報もあり、走行税に賛成派の意見もあるといいます。

 

走行税の代わりにガソリン税が撤廃で賛成の声?

http://kunisawa.net/car/

走行税に関するツイートの中には、走行税導入の代わりにガソリン税が撤廃するといった内容も目立ちます。
そうなると走行距離によってはガソリン税が撤廃し、走行税が導入されたほうがいいとの意見もあるようです。

その一方で、ガソリン税が撤廃されなかったら二重課税になるといった不安の声もあがっています。

さらに、低燃費のエコカーを所有している人が損をして、燃費が悪い車を所有している人が得をするというシステムに不満を漏らす人も。

全体の意見をみると、走行税の導入をするならガソリン税を撤廃してほしいという意見と、どうせガソリン税もかかるに決まってるという意見に分かれるようです。

しかし、走行税の導入のソースは実は10年前の報道であり、デマという噂も浮上しています。
次のページで、走行税がデマと言われていることについてや、走行税についてのネット上の反応に迫っていきます。

 

走行税はデマ?ソースは10年前の報道との声