アイドル並みにファンも多いのが「日本テレビ」の女性アナウンサーです。

その為、結婚というニュースは大きく報じられるのですが、一部ネット上で、日テレ女子アナの結婚後が「悲惨」だと噂されています。

スピード婚やスピード離婚、また自殺した女子アナも日テレの為、この様な噂が流れているようです。

今回は日テレ女子アナの結婚・離婚、死去された女子アナの自殺理由などについてまとめてみました。

https://www.photo-ac.com/

 

離婚した歴代日テレ女子アナウンサーまとめ

離婚した歴代日テレ女子アナ①・魚住りえ

魚住りえのプロフィール

https://dot.asahi.com/wa/2017070500045.html   
本名魚住理英(うおずみりえ)
生年月日1972年3月2日(47歳)
出身地広島県
職業フリーアナウンサー・タレント・スピーチ/ボイスデザイナー
身長148cm
血液型A型
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/魚住りえ

大阪で生まれ、広島で育った魚住りえさん。母親がピアニストだった為、魚住りえさんも3歳から専門的なレッスンを受けていたそうです。

高校1年生まで“ピアノ”一筋だったそうですが『アナウンサー』に憧れを持つようになり、放送部に入部したそうです。高校3年生の時に『NHK杯全国高校放送コンテスト』に出場。朗読部門で約5,000人の中から第3位に入賞したそうです。

慶応義塾大学卒業後、1995年に『日本テレビ』に入社。『所さんの目がテン!』や『マジカル頭脳パワー』などでアシスタントを務めていました。

2004年に日本テレビを退社し、その後はフリーアナウンサーや講師として活動されています。

魚住りえの結婚・離婚
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19173890U7A720C1NZBP00/

http://www.ntv.co.jp/announcer/profile/k_mori.html

当時ベテランアナウンサーだった魚住りえさんは、後輩の日本テレビアナウンサー・森圭介さんと結婚されていました。

きっかけは、2003年から2005年まで放送していた「汐留スタイル!」での共演。お2人は意気投合し、2004年1月1日に結婚されました。

結婚を機に『寿退社』した魚住りえさんですが、芸能事務所に所属し“フリー”として活動をされていたそうです。

しかし、お互い仕事が多忙になった事で『すれ違い』が多くなり、2005年5月に離婚。わずか1年半の結婚生活となりました。

その後、魚住りえさんは2012年に4歳年下の一般男性と再婚されています。

離婚した歴代日テレ女子アナ②・宮崎宣子

宮崎宣子のプロフィール

http://www.officiallyjd.com/archives/495452/201501022_katopan_28/   
名前宮崎宣子(みやざきのぶこ)
生年月日1979年9月4日(39歳)
出身地宮崎県
職業フリーアナウンサー
身長160cm
血液型B型
事務所プロダクション尾木
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/宮崎宣子

宮崎宣子さんは、高校1年生の時にフジテレビアナウンサー・木佐彩子さんなどに憧れ、アナウンサーを目指すようになったそうです。早稲田大学へ進学し、アナウンス研究会に所属。同時に東京アナウンスセミナーにも通っていたそうです。

2002年に日本テレビに入社しましたが、約3年間程担当番組が無かったとか。

その後、情報バラエティ番組『ラジかるッ』を担当するようになってから、バラエティ番組などの司会を務めるようになったそうです。

2009年頃から“顎関節症”や体調不良などで一時休養していた時期もあり、2012年に日本テレビを退社しています。

宮崎宣子の結婚・離婚
http://netdeuwasano.com/1092/

2011年12月24日に、一歳年上のレコード会社勤務の男性と結婚した宮崎宣子さん。

プロポーズは「入籍しようと思うんだけど」と宮崎宣子さんの方から話したとか。お付き合いから10ヵ月の“スピード婚”だったそうです。

結婚と同時期に日本テレビを退社しましたが、結婚生活は長くは続かなかったようです。

会社員の旦那さんは“接待”も多かったそうで、夫婦の時間があまりなかったとか。子供を望んでいた宮崎宣子さんと仕事で多忙だった旦那さんは“すれ違い”になり、2014年9月5日に離婚を発表しました。

離婚が明らかになった元日本テレビのフリーアナウンサーの宮崎宣子(35)。
自ら「トゥーマッチ(やり過ぎ)離婚」と語ったその胸中には、
すれ違いが続き、子宝に恵まれなかった寂しさがあったようだ。

2011年末に大手レコード会社勤務の男性(36)と結婚したが、
8月に離婚届を提出した宮崎。
7日更新のブログでも
「この結婚は、私の自己満足を満たすための結婚だったかもしれません」
とつづっている。

 「宮崎は子供がほしかった。しかし、すれ違い生活で、
それがかなえられなかったことが離婚の引き金となったようだ」
とベテラン芸能記者。

https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140909/enn1409091155012-n1.htm
離婚した歴代日テレ女子アナ③・森麻季

森麻季のプロフィール

http://racea.jp/      
名前森麻季(もりまき)
愛称モリマキ・マッキー・麻季ちゃん
生年月日1981年2月19日(38歳)
出身地埼玉県
職業フリーアナウンサー
身長160cm
血液型A型
事務所テンカラット
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/森麻季_(アナウンサー)

森麻季さんは、東京都内にある私立の女子校『頌栄女子学院中学校・高等学校』に通っていたそうです。

青山学院経済学部へ進学し、学生時代には、BSフジ『週刊スポーツTV』の“BSギャルズ”としてレポーターをしていたとか。また『ミス青山学院』にも選ばれています。

2003年に日本テレビへ入社後、『ズームイン!!SUPER』や『ザ!情報ツウ』などを担当していました。可愛らしい表情が人気となり“マッキー”や“マキティー”の愛称で親しまれるようになったそうです。

2011年に日本テレビを退社し、フリーアナウンサーとして活動されています。

森麻季の結婚・離婚
https://matome.naver.jp/odai/2149110891891052901/2149111802900222603

森麻季さんは、2010年からお付き合いされていた“読売ジャイアンツ”の澤村拓一投手と結婚されていました。お2人は、2011年12月17日に挙式・披露宴を行っており、12月31日をもって“寿退社”された森麻季さん。

ですが、結婚から1年4ヵ月後にスピード離婚を発表しました。

離婚の理由について様々な噂や報道が流れていたようです。

“DV”や“W不倫”などが報じられましたが、森麻季さんはメディアに出演した際、次のようにコメントしています。

森アナは
「私は離婚から半年間、どうやって毎日生きてたのか覚えてないんです、正直」
と告白した。

「当時、離婚したときに、
週刊誌にいろんな文字が踊って。
(離婚の)理由も発表してないし、みんな臆測じゃないですか。
電車に乗ったときに自分の名前が見出しになっていて。
“ダブル不倫”みたいな感じで踊って。
私、前の彼……ご存知だと思うんですけど(注・日本テレビの同期、上重聡アナ・36)。
前の彼に連絡してたってなってたんですけど、
連絡先も知らないし、意味が分からなくって」
と、追い打ちをかけるようにゴシップが襲いかかった過去を告白。
「すごく世間を歩くのが、怖くなった瞬間がありましたね」
と世の中に恐怖を感じていたことを振り返った。

https://taishu.jp/articles/-/52785?page=1

森麻季さんは、2017年2月に会社経営の一般男性と再婚しており、2018年5月には第一子となる男児を出産されています。

離婚した歴代日テレ女子アナ④・脊山麻理子