ネガキャンとはネガティブキャンペーンの略で、もともとは選挙において、対立候補を貶めるような発言・広告宣伝をし、相対的に自候補のイメージアップを謀るという選挙戦術の一種である。ここから、選挙に限らず、対立する人や組織に不利な情報を流すことで自らのイメージアップを謀ることをネガキャンという。ただし、ネガキャンは誹謗中傷合戦に見えることも多く、逆にイメージダウンとなってしまうことも多い。

http://zokugo-dict.com/24ne/negacan.htm
どうやら最近の無痛分娩についての報道は、危険性ばかりにフォーカスした記事などが多いようだ。 これでは

「無痛分娩は危険だからしない方がいい」

と、いっているようなものだ。

これには、

「無痛分娩にもメリットがあり、自然分娩にも危険性があるという事もきちんと報道して欲しい」

といった声が多くあるようです。

無痛分娩のメリット・デメリット

無痛分娩のメリット

無痛分娩の最大のメリットは、陣痛の痛みがやわらぐことです。麻酔の効きには個人差がありますが、ほとんどの人は陣痛の痛みをあまり感じることなく出産できます。痛みを感じたとしても、自然分娩に比べて強くはありません。

麻酔の方法には「点滴による麻酔」と「硬膜外麻酔」の2種類があります。脊髄の近い場所に麻酔を打つ硬膜外麻酔のほうが点滴よりも痛みをやわらげる効果は高いので、麻酔の効きが心配な人は「硬膜外麻酔」を選びたいところ。ただし、受けられる病院は限られているので、事前に医療機関にはどちらの無痛分娩を行っているのかを確認しておきましょう。

痛みが少ないおかげで、いきみで体力を消耗することもなく、「出産時に疲れが残らない」「産後の回復が早まる」などのメリットもあります。心臓や肺などの呼吸器系にトラブルをかかえている妊婦さんは、体への負担を軽減する目的で無痛分娩を進められることもありますよ。

https://192abc.com/23480


無痛分娩のデメリット

無痛分娩のデメリットとしては、出産費用が高くなることがあります。自然分娩と同じで健康保険は適用されないので、無痛分娩にかかる費用が加算されます。加算されるお金は医療機関で大きく異なり、数万~20万円まで様々なので、病院で確認してください。

また、麻酔に関わるトラブルで、麻酔が思ったように効かないケースや副作用が現れることもあります。まれに麻酔の効果が強く現れたせいでうまくいきめなくなって子宮収縮が弱くなり、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開になる可能性もあります。

無痛分娩は痛みがやわらぐだけで出産方法は自然分娩と同じなので、出産時にトラブルが生じることがあります。

https://192abc.com/23480


日本では特に

「子供をお腹を痛めずに生むのはどうなのか?」

といった風潮にあるため、否定的な報道が多いのかもしれません。

欧米諸国では無痛分娩も一般的なものらしく、子供への愛情への影響もないそうです。

子供や母体に一番あった出産方法を病院の先生と相談し、正しい知識を持って選ぶのが良いかもしれません。

 

いつから無痛分娩のネガキャンは始まったの?