ドイツの元F1ドライバーであるミハエルシューマッハさんは、2013年にスキー中の事故で昏睡状態になったことが伝えられました。

そんなミハエルシューマッハさんの現在の容態が気になるという人が多いようです。
そこで、ミハエルシューマッハさんの事故の詳細や、現在の容態についてまとめてみました。

TOP画像引用元:http://blog.esuteru.com/archives/

ミハエルシューマッハのプロフィール

https://matome.naver.jp/odai/
名前ミハエル・シューマッハ
生年月日1969年1月3日(50歳)
出身地西ドイツ同・ノルトライン=ヴェストファーレン州ライン=エルフト郡フルト
職業元F1ドライバー
優勝回数91
最終戦2012年ブラジルGP
Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミハエル・シューマッハ

1983年に国内カートライセンスを取得し、翌年にはドイツ・ジュニア・カートチャンピオンとなったミハエルシューマッハさん。

1987年にはドイツとヨーロッパのカートチャンピオンとなり、1991年にはF1に初参戦。
現役引退までに、優勝回数91回、表彰台回数155回と、輝かしい功績を残したことで知られています。

現役引退後は、ドイツの投資会社ドイチェ・フェルメーゲンスベラトゥン社とスポンサー契約を結んだことで話題となりました。

 

ミハエルシューマッハの生い立ちや経歴

https://www.afpbb.com/articles/

4歳の時、煉瓦職人の父から原動機付きペダルカーが贈られたことが車との出会いだったというミハエルシューマッハさん。

その後は路上で原動機付きペダルカーを走らせていましたが、父が近所のカート場に連れて行くようになったことで、本格的なレーシングカートと出会ったそうです。

中学卒業後は自動車販売店に入社し、整備士の資格を取得。
そして1988年に、ウィリー・ウェーバーとマネジメント契約を結びました。

 

ミハエルシューマッハの事故まとめ

http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/

2013年12月29日に、家族とフランスにあるリゾートでスキーを楽しんでいたミハエルシューマッハさん。
その時に、転倒事故で緊急搬送されたことが報じられました。

ヘルメットを装着していたにもかかわらず、頭部に重大な怪我を負ってしまったミハエルシューマッハさん。

未整備のコース外エリアを滑走中の転倒により、岩に頭を打ち付けたとのこと。
担当した医師によると、ヘルメットをしていなかったら死亡していた可能性もあったそうです。

ヘリコプターで病院に搬送されたミハエルシューマッハさんは、その後2度の手術を受けたそう。
ネット上の一部では、脳死状態との噂も浮上しています。

 

ミハエルシューマッハに脳死の噂

http://123ohmygod.seesaa.net/article/

事故後、「ミハエルシューマッハさんが脳死状態である」という噂も浮上。
実際には、容体を安定させるために医学的に昏睡状態に置かれていたといいます。

その後、手術を受けたこともあり昏睡状態から復活したことをミハエルシューマッハさんの家族が伝えています。

さらに、2015年にはミハエルシューマッハさんのマネージャーがリハビリの成果が出ていることを報告。
では、現在ミハエルシューマッハさんはどのような生活を送っているのでしょうか。

 

ミハエルシューマッハの現在(2019)は?