飯塚幸三さんは、2019年4月に車が暴走する事故を起こし、親子が亡くなりました。
しかし、逮捕されることがなかった飯塚幸三さんに対し、世間では納得がいかないといった意見が非常に多く寄せられています。

そこで、飯塚幸三さんがなぜ逮捕されないのか、そして現在についてまとめてみました。 さらに、特定された自宅マンションに関する情報にも迫っていきます。

TOP画像引用元:https://nobiciro.com/news/4194/

飯塚幸三のプロフィール

http://diary.ponkichi01.com/?p=8640
名前飯塚幸三(いいづか こうぞう)
生年月日1931年6月1日(89歳)
出身地東京府
職業元クボタ取締役
学会精密工学会、計測自動制御学会、日本機械学会、応用物理学会、日本計量史学会
学位工学博士(東京大学)
Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/飯塚幸三

1953年に東京大学を卒業し、通商産業省工業技術院に就職した飯塚幸三さん。
1972年には、論文博士として東京大学で工学博士の学位を取得しています。

その後の飯塚幸三さんは、クボタの常務取締役、専務取締役、副社長を歴任。
2000年のIMEKO世界大会においては、大会委員長を務めました。

 

飯塚幸三の生い立ちや経歴

https://favorite-blog.com/entry/

1931年6月1日、現在の東京都中野区に生まれ、太平洋戦争末期は旧制中学生だった飯塚幸三さん。
空襲により、自宅を焼失した経験があります。

東京大学理科1類に進学後は、オーケストラに在籍し、クラリネットを担当していたそうです。
では、飯塚幸三さんが2019年に起こした事故について詳しくみていきましょう。

 

飯塚幸三が起こした事故の概要

https://rozeo-news.com/iiduka/3213

2019年4月19日午後0時25分頃、池袋で飯塚幸三さんが運転する乗用車が約150メートルにわたって暴走。
その時に居合わせた歩行者を、次々と跳ねるという事故が起こりました。

この事故で、飯塚幸三さんを含む40~90代の男女8人が重軽傷を負い、母と娘が2人亡くなっています。

また事故直後に飯塚幸三さんは、動揺した様子で息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいちゃった」と電話をしていたとの情報もあるようです。

 

飯塚幸三はなぜ捕まらない?

https://www.asahi.com/articles/photo/

事故後も逮捕されることなく、自宅での生活に戻った飯塚幸三さん。
その理由として警視庁は、けがをして入院し、逃走の恐れがないことから、逮捕はせず任意捜査を続けていると発表しました。

しかし、ネット上では飯塚幸三さんが逮捕されないのは「上級国民だから」という噂が浮上。
世間からは、飯塚幸三さんをバッシングする内容の意見が非常に多く寄せられています。

そして、2019年8月にあおり運転で暴行したとして宮崎文夫容疑者が逮捕。
死者を出さず逮捕された宮崎文夫容疑者に対して、死者を出したのにもかかわらず逮捕されていない飯塚幸三さんに、疑問の声も多く寄せられています。

宮崎文夫のFacebook顔画像! 会社や女・前科も判明...事件概要まとめ【常磐道あおり運転】

そんな中で、飯塚幸三さんの自宅マンションが特定されたことが話題となりました。

 

飯塚幸三の自宅マンションが特定…

https://b.hatena.ne.jp/entry/

飯塚幸三さんが事故を起こした直後から、自宅マンションを特定する内容の投稿がネット上で多く寄せられました。

そして、飯塚幸三さんの自宅マンションは東京都板橋区弥生町にある可能性が高いといわれています。

事件から3ヶ月以上が経過する現在、飯塚幸三さんはどのような生活を送っているのでしょうか。
次のページでは、飯塚幸三さんの現在の生活についてまとめてみました。

 

飯塚幸三の現在は?