不妊治療の医療事故で死亡者を出した病院・セントマザー産婦人科に、ネット上で新たな被害者の声があがっているようです。

セントマザー産婦人科の事故の詳細や、新たに浮上しているセントマザー産婦人科にまつわる怪しい噂についてまとめてみました!

TOP画像引用元:http://www.doctor-map.info/dtl/10000000000000107269/

不妊治療での医療事故で死者が出ていたことが判明

http://www.ladycal.net/item/1458
セントマザー産婦人科医院(北九州市)で2016年、不妊治療の検査を受けた福岡県内の女性(当時30歳代)が死亡する医療事故があり、県警は担当した男性医師(30歳代)と男性院長(60歳代)ら医師3人について、23日にも業務上過失致死容疑で福岡地検小倉支部に書類送検する方針を固めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00050001-yom-soci

 

不妊治療による死亡事故の詳細

http://www.doctor-map.info/dtl/10000000000000107269/imagelist/
捜査関係者によると、女性は16年11月、不妊症の治療のため、卵管に詰まりが生じていないかを調べる検査を受けた。

 担当医らは、詰まり具合を確認するために卵管に気体を送り込む検査を実施。全身麻酔をかけ、腹部に開けた穴からカメラや器具を挿入する腹腔(ふくくう)鏡の手法で行った。女性はその後、容体が急変し、北九州市内の別の病院に搬送され、同年12月に肺塞栓(そくせん)症を起こしたことによる多臓器不全で死亡したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00050001-yom-soci

 

死亡事故を起こした病院はセントマザー産婦人科

https://www.co-medical.com/na/job176645/
不妊治療で誤った処置により女性を死亡させたとして、福岡県警は23日までに、北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の院長ら医師3人を、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29709130T20C18A4ACX000/

報道によると、医療事故による死亡事故を起こした病院は福岡・北九州市にあるセントマザー産婦人科だったよう。
セントマザー産婦人科は東京でも不妊のカウンセリングを行うなど、不妊治療では地元で名のある病院だったようです。


 

死亡事故を起こした担当医らが書類送検

https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/

2018年4月23日、不妊治療による死亡事故を起こしたとして委員長や担当医などが書類送検されていたことがわかりました。
この事件に関する報道を受けて、不妊治療が命がけであることを知ったという人や、自分が行ったことのある病院であったことに驚きの声を上げている人もいました。

さらに、ネット上ではセントマザー産婦人科の元患者であると主張する人物が不妊治療での治療によって被害を受けていた過去を明かしているユーザーも出現しているようです。


 

2chでセントマザー産婦人科の元患者が過去の被害を暴露!?