元女子プロレスラーの北斗晶さんは、乳がんによる闘病を経て現在は仕事に復帰されました。

数多くの番組に出演する人気タレントなだけに、乳がんを公表された際には世間に衝撃が走りました。

そんな北斗晶さんの乳がんと診断された際のステージや、復帰後の活動などについての情報をまとめてみました。

TOP画像引用元:https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/28/150396.html

北斗晶のプロフィール

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-202625/photo/
本名佐々木久子(ささき ひさこ)
生年月日1967年7月13日(51歳)
出身地埼玉県吉川市
職業タレント、実業家、女優、芸能プロモーター
身長168cm
事務所健介オフィス
Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/北斗晶

埼玉県吉川市に3姉妹の次女として生まれた北斗晶さんは、神田女学園高等学校を中退し、プロレス界を目指すようになります。

1985年に全日本女子プロレスよりデビューを果たすと、年末の女子プロレス大賞で新人賞を受賞し、一躍注目を集めました。

当時は旧姓をそのままリングネームとして使っていましたが、1988年から北斗晶にリングネームを変更し、翌年にはCDデビューを果たし話題となりました。

 

北斗晶の経歴

https://ameblo.jp/kimumasa992/entry-12092776524.html

女子プロレスラーとして活躍されてきた北斗晶さんですが、プライベートでは1995年に佐々木健介さんと結婚。1998年に長男が誕生し、日本人初のママレスラーとなりました。

その後2002年に引退を発表し、タレントとして活動するようになります。

そんな北斗晶さんが、2015年に乳がんで入院中であることを明かし、世間に衝撃を与えました。

 

北斗晶の乳がんのステージや余命宣告について

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-681603.html

2015年に乳がんで闘病中であることを明かした北斗晶さん。手術を終え一時退院をした際の会見で、ステージ2だったことを告白しました。

その後復帰をしたものの、主治医から5年後の生存率は50%と言われたことを明らかにしています。

1年2ヶ月の活動休止を経て、タレントとしての仕事に復帰した北斗晶さんは、その後も以前と変わらず明るく前向きに仕事をしているようです。

 

北斗晶が乳がんの闘病から復帰

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/11/kiji/20170211s00041000176000c.html

2016年11月に「5時に夢中!」への生出演で仕事復帰を果たした北斗晶さん。その後は徐々に仕事量も増え、以前と変わらぬ元気な姿を見てほっとした視聴者も多かったようです。

変わったところといえば、髪が以前より短くなっていたことぐらいで、復帰後も持ち前の明るさで番組を盛り上げました。

そんな北斗晶さんですが、復帰後の現在も治療は継続しているのでしょうか。

 

北斗晶の復帰後の現在!治療はしている?