フィギュアスケート選手の家庭はお金持ち?

http://entertainment-topics.jp/34160

気になる羽生結弦さんの両親の職業と年収についてですが、まず、父・羽生英利さんは学校の先生だそうです。現在は中学校の教頭先生をしているそうです。

母・羽生由美さんの現在は専業主婦とのことです。その前まではパートでクリーニング店などで働いていたそうです。

ちなみに、トップクラスのフィギュアスケートでは、年間にして国内外の遠征費が1500万円、靴代が100万円、衣装代が120万円など多額の金額が必要とされています。

トリノオリンピックの金メダリスト・荒川静香さんは金メダルを獲得するまでに2億円以上と公表しています。

羽生結弦さんも荒川静香さんと同じくらいの金額がかかっているのではと予想されます。
ネット上では、これほどの費用を捻出しているということは、羽生結弦選手の両親の年収が相当高いのではないかと噂されていたようです。

 

Twitterの反応

 

まとめ

オリンピック2連続で金メダルを獲得するということは羽生結弦さんにとって並々ならぬ努力と大きなプレッシャーだったのではないでしょうか。

そして、今回の金メダルの想いはとても大きかったそうです。今後もスケートに対する気持ちは熱く、4回転半ジャンプをモチベーションに頑張りたいと語っています。

羽生結弦さんの更なる成長と活躍に目が離せません。

サクラなし!出会いで悩む男女に勧めたいマッチングアプリ『ワクワクメール』が凄い理由とは?
【神アプリ】おすすめ出会い系ランキング3選
【ヴィトックスa】増大サプリって本当に効果はあるの?悪い口コミや副作用について調査まとめ