ゲンキングさんの現在の激変した姿や、彼氏とは?
ゲンキング(GENKING)さんの彼氏は有名な俳優であり、その方はバイであることをカミングアウトして話題となりました。

同棲していた彼氏とは破局したそうですが、2017年にTVに出演した際に、再び別の彼氏との同棲を告白しています。
またゲンキングさんは性別適合手術を受け、女性になっていたことを明かされました。

TOP画像引用元:http://aka-geinou.com/genking-1015

ゲンキングのプロフィール

http://news.livedoor.com/article/detail/10488007/
本名田中沙奈(旧姓・田中元輝)
生年月日1985年11月18日(33歳)
出身地愛知県豊橋市
職業タレント、マルチクリエーター
身長176cm
事務所TWIN PLANET ENTERTAINMENT(業務提携)
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/GENKING

ゲンキングさんはインスタグラム上から人気タレントとなった人物。人気に火がついたのは、数々の有名人と仲良くする姿や、男性であるのにもかかわらず女性タレントに負けない美しさを持ってることが理由でした。

2018年1月29日現在では、ゲンキングさんにはインスタグラムで986,000人のフォロワーがいるようです。


 

ゲンキングが性別適合手術をして話題に

http://jp.techcrunch.com/2016/03/03/istagram-genking/
タレントでマルチクリエイターのGENKINGが29日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月~金 前9:50)に出演。昨年5月にタイで性別適合手術をしていたことを初告白した。

 今月16日に番組のインタビューに応じたGENKINGは、テレビでこれまで発言していた“ユニセックス”(中性的)は偽りであったことを明かし、昨年、性別適合手術をしたことを告白。昨年7月に戸籍上で「女性」と認められ、同年8月に戸籍上の「本名変更」が認められ、元輝(げんき)から沙奈(さな)になった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000304-oric-ent

ゲンキングさんが昨年に性別適合手術を受けていたことがわかりました。ゲンキングさんはテレビ番組での告白に加えて、自身のインスタグラムでも性別適合手術で女性になったことを報告しています。

 

ゲンキングがインスタグラムで女性になったことを報告

私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。 戸籍も女性です。 しばらく芸能活動をお休みしてた理由はそのためです。 以前は自分の人生を振り返ってみたときに、とにかく辛かった。 今回、TVで公表するのも正直不安で悩み、凄く怖かった。 なので、番組に出る告知も直前になってしまいごめんなさい。 芸能界デビューした当初、カミングアウトする予定は全くなく、自分でも様々なことに整理がつかないままテレビ出演し、約2年間お仕事させていただきました。 幼い頃からの偏見や言葉のイジメを思い出す暮らしの中で、自分を守る為に“ユニセックス系”と偽る事が、唯一自分を守る方法だった。 そんな辛かった記憶も、幼い頃からの夢であった芸能界に入ることができ、人気が出たら全てが報われ、幸せになれると思っていた。 けど、実際に幸せな気分を味わえたのは初めの3ヶ月くらい。 “性別”の悩みは消えることはなく、強くなる一方でした。 イジメや偏見が怖くて、自分を“ユニセックス系”と偽ることで、余計に本来の自分と芸能人GENKINGとの差が広がっていきました。 プライベートでは「ワタシ」と言っていたし、スカートやワンピースも着ていたけど、テレビに出る時はユニセックス系の服装や「ボク」と言ってみたり... とにかく今振り返って思う事は、全てにおいて無理をしていたなと。 というか、私の人生は結末は必ず寂しいんだなってずっと思ってた。 当時の私は長生きなんか望んでいなく、いや望んでいないというより、こんなに辛いならむしろ生きてくのが怖いって感じかな。 車に乗れば、事故っちゃえばいいとも思ってたし、病気になればいいのにとも思ってた。 バカだよね。 けど、それくらい私は辛かった。 とにかく満たされない日々が生きるほどに苦しくなりました。 平気なフリをしてる毎日が限界だった。 そんな日々がずっと続いていた時、それまでお世話になった事務所を辞める決意をし、本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました。 そして、私は生まれ変わった。 感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚。 不思議なんだけど、目が覚めてから“元輝”の人生は自分の人生とは思えないというか、もう新しい人生が始まっていて、双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか… 幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました。 昨年から雰囲気が優しくなったねって言われたのは、心が満たされ始めた事が大きいんじゃないかな。 今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます。 仕事、プライベート、恋愛。“女”として全て0からのスタートです。 今は私を支えてくれている全てを大切にしたい。 両親や家族と何度も話し合い、家族は私の生き方を尊重してくれています。 ママありがとう😊 “元輝”の人生は、私の中で幕を閉じました。 自分に嘘をついて生きてるのが一番辛かった。 ここにくるまで、本当に長かったなぁ。。。 そんな“元輝”の人生を、このたび1冊の本にしました。 原稿が刷られる直前まで、出版すること自体悩んだし、今も正直出版して良かったのかなって不安にもなります。 読んでくれた方それぞれ、色々な意見があると思います。あって当然だし。 決して、性別適合手術を誰かに推めるつもりはありません。あくまでこれは私の場合の話であり、私はそれで心が安定する時間が増えました。 男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して私と同じ悩みを持った人たちが、少しでも前向きになれるキッカケになりたい。 これから、“沙奈”(芸名:GENKING)として頑張っていくので、見守って頂けたら嬉しいです。 今後は、株式会社ツインプラネット内 INSTAR事業部にメディアマネジメント委託することになりましたので、お仕事のご依頼やお問い合わせなどは、[email protected]までお願い致します。 #genkingうまれ変わりました。 #始めまして沙奈です😉

GENKING OFFICIAL🌍さん(@_genking_)がシェアした投稿 -

私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。
戸籍も女性です。 しばらく芸能活動をお休みしてた理由はそのためです。

以前は自分の人生を振り返ってみたときに、とにかく辛かった。今回、TVで公表するのも正直不安で悩み、凄く怖かった。
なので、番組に出る告知も直前になってしまいごめんなさい。

芸能界デビューした当初、カミングアウトする予定は全くなく、自分でも様々なことに整理がつかないままテレビ出演し、約2年間お仕事させていただきました。

幼い頃からの偏見や言葉のイジメを思い出す暮らしの中で、自分を守る為に“ユニセックス系”と偽る事が、唯一自分を守る方法だった。
そんな辛かった記憶も、幼い頃からの夢であった芸能界に入ることができ、人気が出たら全てが報われ、幸せになれると思っていた。

けど、実際に幸せな気分を味わえたのは初めの3ヶ月くらい。 “性別”の悩みは消えることはなく、強くなる一方でした。
イジメや偏見が怖くて、自分を“ユニセックス系”と偽ることで、余計に本来の自分と芸能人GENKINGとの差が広がっていきました。

プライベートでは「ワタシ」と言っていたし、スカートやワンピースも着ていたけど、テレビに出る時はユニセックス系の服装や「ボク」と言ってみたり... とにかく今振り返って思う事は、全てにおいて無理をしていたなと。

というか、私の人生は結末は必ず寂しいんだなってずっと思ってた。
当時の私は長生きなんか望んでいなく、いや望んでいないというより、こんなに辛いならむしろ生きてくのが怖いって感じかな。

車に乗れば、事故っちゃえばいいとも思ってたし、病気になればいいのにとも思ってた。 バカだよね。 けど、それくらい私は辛かった。
とにかく満たされない日々が生きるほどに苦しくなりました。 平気なフリをしてる毎日が限界だった。

そんな日々がずっと続いていた時、それまでお世話になった事務所を辞める決意をし、本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました。 そして、私は生まれ変わった。

感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚。
不思議なんだけど、目が覚めてから“元輝”の人生は自分の人生とは思えないというか、もう新しい人生が始まっていて、双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか…

幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました。
昨年から雰囲気が優しくなったねって言われたのは、心が満たされ始めた事が大きいんじゃないかな。

今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます。 仕事、プライベート、恋愛。“女”として全て0からのスタートです。
今は私を支えてくれている全てを大切にしたい。 両親や家族と何度も話し合い、家族は私の生き方を尊重してくれています。 ママありがとう😊

“元輝”の人生は、私の中で幕を閉じました。 自分に嘘をついて生きてるのが一番辛かった。 ここにくるまで、本当に長かったなぁ。。。

そんな“元輝”の人生を、このたび1冊の本にしました。 原稿が刷られる直前まで、出版すること自体悩んだし、今も正直出版して良かったのかなって不安にもなります。
読んでくれた方それぞれ、色々な意見があると思います。あって当然だし。

決して、性別適合手術を誰かに推めるつもりはありません。あくまでこれは私の場合の話であり、私はそれで心が安定する時間が増えました。
男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して私と同じ悩みを持った人たちが、少しでも前向きになれるキッカケになりたい。

これから、“沙奈”(芸名:GENKING)として頑張っていくので、見守って頂けたら嬉しいです。
今後は、株式会社ツインプラネット内 INSTAR事業部にメディアマネジメント委託することになりましたので、お仕事のご依頼やお問い合わせなどは、[email protected]までお願い致します。 #genkingうまれ変わりました。 #始めまして沙奈です😉

 

ゲンキングの手術費用は「600万円」

GENKINGさん(@_genking_)がシェアした投稿 -

昨年5月にタイで性別適合手術をしたタレントのGENKINGが、8日放送の読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『ダウンタウンDX』(毎週木曜 後10:00)に出演。手術の費用や、男性と女性の違いによる苦労を明かした。

番組では手術費用を聞かれ「600万円くらい。タイが1番上手。失敗したくなかったので1番うまい先生にやってもらいました」と説明。
また、術後にトイレの小をするのが大変だったようで「男女で仕方が違くて…。男性は力を入れるけど、女性は力を抜く。感覚がわからない。痛すぎて初めて泣きました」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000352-oric-ent

ゲンキングさんは2018年3月8日放送のバラエティ番組『ダウンタウンDX』で手術の費用や術後の苦労についてこのようにコメント。
ゲンキングいわく『一番上手』というタイで手術を行ったそうで、信頼する医者に手術をしてもらったことを明かしています。


 

ゲンキングは番組でゲイをカミングアウトしていた

https://azayobito.com/genking1__trashed/genking2/

ブレイクの真っ最中であった2015年にテレビ番組「行列ができる法律相談所」で自身がゲイであること、性同一性障害を抱えていることを明かしていました。

さらに、同棲しているという彼氏の存在も明らかにしており、そのお相手についてもネット上で話題となりました。


 

ゲンキングは彼氏と同棲している?

ゲンキングさんの彼氏は誰?