2019年9月、あおり運転暴行事件で宮崎文夫容疑者が逮捕されたばかりですが、再びあおり運転の動画が拡散されました。

ここでは、エアガンを発射したあおり運転の犯人の特定についてまとめてみました。
また、動画に対してのネット上の反応にも迫っていきます。

https://highendtopics.com/archives/4123

【あおり運転】エアガン発射の概要

2019年9月8日、Twitterで「クラクション連発してエアガン撃ってくる悪質運転手」とコメントされ動画が投稿。
瞬く間に動画は拡散され、ネット上で大きな話題になりました。

愛知県の東名高速上り線で8日午前7時15分ごろ、後続車両からあおられ、車をエアガンで撃たれたと、110番通報があった。愛知県警は器物損壊や道路交通法違反(道路における禁止行為)の疑いで捜査している。

当時の状況は動画で撮影されていた。横浜ナンバーの黒いワゴン車が、追い越し車線で男性の車に接近し、エアガンのようなものを発射したり、クラクションを鳴らしたりしている様子が映っていた。県警が男性の車を確認したところ、エアガンの弾が当たったような傷があったという。

https://www.asahi.com/

すでに警察も動き出しており、今回の事件も、あおり運転の運転手は逮捕されると思われます。

 

【あおり運転】エアガン発射の事件現場

エアガン発射のあおり運転は、東名高速道路上り線、日進ジャンクションから上郷サービスエリアの30kmの間で行われたと思われます。

最近では高速道路でのあおり運転が多発しており、逮捕者が出ても収まる気配はありません。
日頃から高速道路を利用する方は、十分に注意していただきたいです。

では次のページでは、あおり運転でエアガンを発射した犯人の特定についてまとめてみました。

 

【あおり運転】エアガン発射の犯人を特定?