歌手aikoさんが先日、今年6月から約半年を掛けてまわった自身最長にして最大のホールツアーを無事に終えたことが話題になっています。

この記事ではaikoさんのツアーについてやプライベートについて詳しくまとめていきます。

TOP画像引用元:https://okmusic.jp/news/310143

 

aikoのプロフィール

https://www.youtube.com/watch?v=orDNB8B4UvQ         
本名柳井 愛子(やない あいこ)
生年月日1975年11月22日(44歳)
出身地大阪府吹田市
職業シンガーソングライター
ジャンルJ-POP
事務所エバーフォーミュージックパブリッシャーズ
wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/Aiko

aikoさんはラジオ番組のDJなどの活動の後、1998年に『あした』でメジャーデビューしたシンガーソングライターです。

音楽性としてはジャズから摂取したコード進行を多用する傾向があるようで、甘く女性的な歌詞は「恋愛ソングの女王」として君臨するほどで、特に女性から根強い人気を誇っています。

曲作りは作詞から始め、伝えたい言葉を書いた後にメロディを作って歌詞をはめていくそうですが、そのためか少し変則的なコード進行が多々あるようですね。

メッセージ性に重きをおいており、aikoさんの楽曲に心を撃たれ夢中になってしまうファンは非常に多いようです。

 

半年にも及ぶ自身最長にして最大のホールツアー終了!

https://okmusic.jp/news/310143
今年6月から約半年をかけ全国27カ所45公演という自身最長にして最大のホールツアー
『Live Tour「Love Like Pop vol.20」』を敢行したaiko。
その最終コーナーとも言える東京公演最終日がNHKホールにて行なわれた。

ニューアルバム『湿った夏の始まり』の楽曲を中心に新旧織り交ぜたセットリストにて、非常に現行感あふれるライヴを終始展開してくれたaiko。
設置されたセンターステージで360度に向けて歌った「あたしのせい」で会場を惹き込んでいく。

そんな中、“今日はみんなと会えるのを楽しみに下着を新調してきました。
今日はそれがクタクタになるまでブチかましていきたいと思います!”とマニフェスト。

もちろん、3,000人のオーディエンスが呼応した。

https://okmusic.jp/news/310143

ツアー最終日を飾るこの日はアンコールは何と計7曲1時間の大サービスで締めくくられたようで、年明けに待っているアリーナツアーへの期待を更に募らせた尊い3時間であったようです。

デビュー20週年という大きな節目のツアーだったそうですが、これまでを総括する感慨深いライブなどではなく、これからへ想いを馳せるような、明日への活力を得られるような力強いライブだったとのことでした。

 

aikoは結婚してる?歴代の彼氏は?

https://www.amazon.co.jp/