埼玉・朝霞市の少女誘拐事件で、監禁致傷などの罪に問われた大学生・寺内樺風(かぶ)被告の判決公判が29日・埼玉地裁にて行われました。寺内被告は意味不明な発言を繰り返し、判決言い渡しは延期に。この記事ではネット上の反応などをまとめています。

TOP画像引用元:http://news-and-trend.com/news330/

 

「私は森の妖精」少女誘拐で寺内樺風(かぶ)被告が奇声

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci

埼玉・朝霞市の少女誘拐事件で、監禁致傷などの罪に問われた大学生・寺内樺風(かぶ)被告(25)。

29日の判決公判は、波乱の展開になった。

満面の笑みで奇声を上げながら入廷した寺内被告は、意味不明の発言を繰り返した。

寺内被告「わたしは森の妖精でございます」

裁判長「ここはどこですか?」

寺内被告「トイレです」

寺内被告は2014年3月、当時中学1年生の少女を誘拐し、2年間にわたり、自宅アパートなどに監禁。

これまでの裁判で、検察側は、計画的かつ巧妙な犯行だったとして、懲役15年を求刑。

一方、弁護側は、当時、被告は統合失調症で、責任は限定的と訴えていた。

裁判が始まった当初、寺内被告は被害少女への謝罪を口にしていたが、その後、何者かの「指令」に従ったと主張し始めた。

そして、29日。

寺内被告「私はアメーバです」

意味不明の発言の連発で、さいたま地裁は、判決言い渡しを延期。

次回の期日は未定となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci

 

法廷での寺内樺風被告の意味不明な発言まとめ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170830-00000798-fnn-soci

 

裁判長と寺内被告のやり取り


松原裁判長「名前は」

 寺内被告「オオタニケンジでございます」

松原裁判長「住所はどこですか」

 寺内被告「群馬県高崎ボートレース場です」

松原裁判長「職業は」

 寺内被告「森の妖精です」

松原裁判長「ここはどこだか分かりますか」

 寺内被告「トイレです」

松原裁判長「あなたは今なぜここにいるか分かりますか」

 寺内被告「私はおなかがすいています。今なら、1個からあげクン増量中」

松原裁判長「名前は」

 寺内被告「私はアメーバです」

松原裁判長「寺内さんじゃないですか」

 寺内被告「私はオオタニケンジでございます」


 

埼玉県朝霞市少女誘拐事件とは

twitter.com
2014年3月10日、埼玉県朝霞市に住む中学3年生の女子中学生(15)が行方不明になっていましたが、約2年が経った本日3月27日、東京・中野区で保護されました。

発表によると3月27日、東京都中野区にあるJR東中野駅近くの公衆電話から「助けて欲しい」と少女の声で110番通報があったということです。

これを受けて警視庁の警察官らが現場に駆けつけたところ、2年前から行方不明になった女子中学生がおり、学生証を持っていたことですぐに身元が確認され、無事に保護されました。

警察に対して女子中学生は「一緒にいた男がいなくなった隙に電話をかけた」などと話しており、直前まで男と一緒にいたものとみられています。

また女子中学生は「知らない男に無理やり車に乗せられ、埼玉から東京に連れ去られた」「ずっと監禁されていて、監視されていた」などと話しており、誘拐・監禁事件に巻き込まれた可能性が非常に高い模様。

なお、この男とは連絡が取れない状態になっています。監禁していたとされる犯人は、東京都中野区に住む23歳の男。

警視庁は女子中学生から詳しく話を聴くとともに、防犯カメラの映像解析を行うなど、連れ去った犯人の男の行方を追っています。

行方不明になった当時、女子中学生はまだ中学1年生でした。

https://breaking-news.jp/2016/03/27/023499

 

裁判長と寺内被告の弁護人とのやり取りが面白いとネット上で話題に