福岡・天神3億8400万円強奪事件http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200087-n1.html

福岡・天神3億8400万円強奪事件で、被害男性は都内の貴金属店に勤務しており「金塊買い付け資金だった」と多額の現金を銀行から引き出した理由について説明している事が分かりました。


 

被害に遭った足立区の29歳男性は都内の貴金属店勤務、「金塊買い付け資金だった」

被害男性は顔やのどに軽傷。東京都内の貴金属店に勤務し「引き出した金で金塊を買い付ける予定だった」と話している。

県警は中央署に155人態勢の捜査本部を設置。捜査関係者によると、空港で確保された男らは、強盗致傷事件の現場で目撃された男と特徴が異なり、所持していた現金も被害額とは金額が違っていた。警察庁によると、戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。

http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200087-n3.html

今回の報道で初めて「金塊を買い付ける予定」だったという貴金属店勤務の足立区の29歳会社員男性の多額の現金の用途が明らかにされた訳ですが、それにしても金塊というのは現金で買い付けるものなんでしょうか?何故振り込みなどでは無く現金が必要だったのでしょう。。謎は深まるばかりです。

福岡空港で確保された男らは事件現場に居た3人組の犯人とは別人?

強盗致傷事件の現場で目撃された男と特徴が異なり、所持していた現金も被害額とは金額が違っていた。

この一文も気になりますよね。

 
容疑者のワゴン車は男性の車から数台離れたスペースに止められており、精算所のバーを折って駐車場から出た。周辺一帯の防犯カメラの映像などから事件直後は近くにある中央署のそばを通って南の方向に逃走したとみられる。

被害男性は都内の会社に勤務し、福岡には出張で来ていた。現金を引き出した理由は「取引のため」と説明しているという。銀行側には事前に引き出しの予定を伝えていた。

http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200087-n3.html

銀行側では3億8400万円の引き出し予定を把握していた

銀行側には事前に引き出しの予定を伝えていた。

との事なので、やはりみずほ銀行福岡支店では20日に3億8400万円が引き出される事実を把握していた事実が判明しました。

 

福岡空港で確保された韓国人ら「知人から頼まれて現金を預かった」